« 時間の問題ですが | トップページ | 麻布山紅葉フォト »

2010年11月 7日 (日)

麻布山秋たけなわ

標高1200m付近の稜線を絡めて造られた天竜スーパー林道は麻布山(1685m)の西側を通って終点水窪ダムに下っています。標高が高い分、里よりも早く紅葉が進み丁度今頃が見頃となる為、閑人倶楽部の面々と訪ねることになりました。Pb070424

登山道から見上げた麻布山。南面のガレが痛々しい限りですが、どっしりとした山容です。

Pb070329

先ほどのガレ場から見た登山口方向。林道が開通する前は奥地の山に登るには、このように延々と続く山並をひたすら辿らなければなりませんでした。

Pb070311

かつては山一面にササが生い茂っていましたが、近年この山域ではすっかり枯れてしまいました。そのせいか至る所でヌタ場を見ることが出来る様になりました。

Pb070372

前黒法師山の向こうに本州最南端の2000m峰のバラ谷山(ばらだにさん2010m)の巨体が横たわっています。

Pb070354

だだっ広い山頂付近は東屋が造られ、周囲にはベンチがあって昼食には最適ですが、眺望が無いのが玉に瑕です。今日の共同の献立はトン汁とスペアリブでした。

Pb070350

頂上東側の葉を落とした木々の間から南ア深南部の超有名峰、黒法師岳が望めました。黒法師岳は独特の三角形の山容で遠くからでも山名が見分けやすい山ですが、この位置からは荒々しい西面のガレがむき出しで、まるで違う山のように見えました。

今日は雲が多く、紅葉狩には光線の具合が今イチでしたが、苦労して登ればやはり感激も一しおです。残念ながらここのブログはサーバーへの迷惑行為防止策で一度に沢山の写真が送れない設定になっていますので、紅葉の写真は次回にさせていただきます。

|

« 時間の問題ですが | トップページ | 麻布山紅葉フォト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻布山秋たけなわ:

« 時間の問題ですが | トップページ | 麻布山紅葉フォト »