« 備えあれば | トップページ | 防災訓練 »

高速料金の行方

高速料金の行方が未だ不透明です。最近の報道では、現行の各種割引制度を含む料金体系は今年度限りとし、来年度からは乗用車で2000円とされる料金上限制に移行するとのことですが、いつの間にか首都高は距離制で値上げするとも言われています。最近の与党の政策決定手続きは極めて不透明で、詳しい内容も明らかになっていませんので最終的にどんな制度になるのか予断を許さない状況です。

そもそも民主党は政権を取ったら高速料金を無料にすると公約していました。これは自民党時代の国交省の天下り機関と化した高速会社が高速料金を収支の目途も立たないまま造り続けたことへの反発だったと思いますが、交通集中や他の交通機関への影響の大きさが浮き彫りになって軌道修正を迫られた筈なのですが、未だ国民の意見集約もしておらず、民主手続くとして極めて問題だと思います。一時暫定制度を採用しても今後、長期間にわたる交通制度として確かな仕組みを作り上げて欲しいものだと思います。

個人的には現行割引制度の内に行ってみたい所は多々あるのですが、終末の混雑を考えるとつい二の足を踏んでしまっています。さあどうしよう。

|

« 備えあれば | トップページ | 防災訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/50214468

この記事へのトラックバック一覧です: 高速料金の行方:

« 備えあれば | トップページ | 防災訓練 »