« 何もそこまでしなくても | トップページ | ある日の平凡な風景 »

2010年12月11日 (土)

みかん狩り

閑人倶楽部の某メンバーが、亡父が残したみかん畑の収穫が大変だとこぼしていました。自宅から遠いのでほとんど放置状態なのですが、収穫しないと樹勢が弱るとのことで、手間がかかるけれど収穫が欠かせないそうです。
何も知らずに今までご相伴にあずかっていたので、罪滅ぼし(物珍しさ?)にみんなで収穫のお手伝いをすることになりました。場所は市街地北部の丘陵地帯、みかん畑が続く尾根をいくつも回り込んだ、とある斜面の中腹です。

Pc114300_2

最近は剪定されていないので、枝が伸び放題になっていますが沢山の身が付いていました。今年は裏年に当たるのと夏の猛暑の影響で、これでも収量は少ないのだそうです。

Pc114302_2

このみかん園は家庭農園ですが、最近は後継者がいなくて放置されているみかん園も少なくないそうです。私達は太陽からの恵みをありがたく収穫させてもらいましたが、1本の木で収穫用のプラ箱1~2杯分が採れました。

Pc114301_2

美味しいものを知っているのは人間だけとは限りません。いち早く何者かが味見を済ませていました。

ところで、みかん園の近くに別荘があり、挨拶を交わすと何と別のメンバーの幼馴染であることが分かってびっくりしていたら、更にもう一人のメンバーとも知り合いであることが分かってまたびっくり。浜松市は80万都市ですが、世間は意外と狭かったようです。

|

« 何もそこまでしなくても | トップページ | ある日の平凡な風景 »

コメント

美味しそうな蜜柑ですね。

温州蜜柑なのかな?

蜜柑は好きですが、しょうもない事には面倒くさがり屋なので、誰かに皮を剥いてもらわないと食べません(爆)。

投稿: 山奥 | 2010年12月11日 (土) 21時11分

山奥さん、コメントありがとうございます。みかんはあの色具合が食欲をそそりますね。早生と晩生が混生していましたが、早生の方はそろそろ食べ頃です。同じ木でも日当たりの具合によって生育が違ったして面白いです。

>温州蜜柑なのかな?

静岡県は温暖な気候と日照時間に恵まれて、温州みかんの生産量全国第3位だそうです。静岡市周辺のみかんも古くから有名ですが、その分古い木が多いので若い木に世代交代されつつあります。浜名湖湖岸の三ケ日町産は甘味が強い「三ケ日みかん」として有名で、美味しいのですが、大変高価です。同じ品種でも区域外になると価格はぐっと下がって手頃に買える水準になり、普段我が家が購入するのはこちらになります。

投稿: 雨辰 | 2010年12月11日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みかん狩り:

« 何もそこまでしなくても | トップページ | ある日の平凡な風景 »