« インデックスプリント | トップページ | 中国J-20初飛行? »

2011年1月10日 (月)

富士山遠望

今年は年明けから冬型の気圧配置が続いており、そのせいか三重県の志摩町から200Km離れた富士山が7日連続で遠望できたとニュースが伝えていました。富士山は標高が高い分遠くから見ることができますが、その最長距離は和歌山県那智勝浦町の妙法山(749m)北西の900m地点でなんと322.9Km、妙法山の富士見台で322.6Kmです。

一方北東側では福島県の日山(1057m)で299Kmですが、理論上はその9Km北にある花塚山(918m)が北限と言われています。但し、今のところ花塚山での撮影は実現されていません。南西側が大半が海上になるのと違って北東側は陸上、それも山地となるために空気の透明度が上がる冬場は雪になることが多いせいか、条件的に厳しいようです。

ちなみに富士山を見ることができるのは県は結構多く、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、奈良、和歌山の19都県に上ります。従来京都府も可能ではと言われ、地図ソフトによる描画シミレーションでは三国岳南西、武奈ヶ岳の北西付近が可能かもとされていますが、今のところ現認されていません。

Photo

こちらは間近の南アルプス塩見岳からの富士山です。

|

« インデックスプリント | トップページ | 中国J-20初飛行? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山遠望:

« インデックスプリント | トップページ | 中国J-20初飛行? »