« 閑人新年会 | トップページ | 李忠成選手 »

邦人救出問題

エジプトでは長年独裁を敷いて来たムバラク大統領に反対し、民主化を求める民衆によるデモで混乱が続いています。この混乱によって航空機の離発着にも乱れが生じ、現在500人程の邦人が足止め状態となっています。この事態に対し政府は救出用にチャーター機の活用を検討しているとされていますが、後手に回り過ぎているのではないでしょうか。米国は事態の急変に備え、既に自国民救出用に海軍の艦船2隻をエジプト沖に派遣しています。

先のチュニジアの混乱時でも結果的に民間機で避難することができましたが、イラン・イラク戦争時に自国による邦人救出ができず、トルコ航空に献身的な飛行を依頼するしか為す術がなかった過去の苦い経験は生かされませんでした。現在我が国はB747を使用した政府専用機を2機、航空自衛隊はC-130輸送機16機を運用していますが、何故早期に現地に派遣しないのか不思議でなりません。結果的に空振りになればむしろ喜ぶべきで、事態が急変してからでは間に会わない事はイラン・イラク戦争の件で明らかです。

どうも我が国政府は、非常時における自国民の救出に対して慎重すぎるきらいがあるように思います。先の大戦における海外侵略への反省もあるのでしょうが、別に爆撃機を飛ばす訳ではありません。緊急時にひたすら救援を待つ邦人に対し、何の手も打てない政府には不信感しか感じられません。

|

« 閑人新年会 | トップページ | 李忠成選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/50732495

この記事へのトラックバック一覧です: 邦人救出問題:

« 閑人新年会 | トップページ | 李忠成選手 »