« プリウス首位転落か | トップページ | 海賊めっ! »

ステルス機探知?

少し前の情報になりますが、防衛省は平成23年度に23億円の予算でMIMOレーダー(地上分散配備式先進レーダー)の開発に着手するようです。ステルス機に対してはレーダーの送信側と受信側を距離をおいて配置することで反射波を捉え易くして探知する方法があるようです。詳しい理屈は分かりませんが、MIMOレーダーを使えばステルス機を補足できるとのことなので、実用化できればステルス機に対するアドバンテージを得ることになり、挙動が大いに注目されます。

一般的にステルス機は相手レーダーの電波を上手く散乱させて照射方向に感知させないことで、隠密飛行を可能としています。また低RCS(レーダー反射断面)の機体は仮に対空ミサイルを発射されても、ミサイルの限られたレーダー性能では探知距離が短縮くなって、脅威度は大幅低下するのではないかと甘い連想をしてしまいます。

基本的に我が国の領土に既存の軍用機が侵入しようとすれば、従来設備で全て捕捉が可能です。ただ、相手がステルス機だった場合はその探知距離は数分の1になるとされていますので、余裕を持った補足は困難になることが予想されます。逆の見方をすれば、もし我が国がステルス機を探知可能になれば、相手はそれを回避しようとして探知が困難な飛行コースを選択せざるを得ないものと思われますが、それは当方も事前に感知可能なので、結果としてステルス機に対して優勢を取ることが可能になるものと思われます。
周辺国はどこも核開発に余念がありませんが、電波技術でそれを封じこめることができれば、核拡散の防止において大きな成果ではないかと高く評価したいと思います。

|

« プリウス首位転落か | トップページ | 海賊めっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/50769437

この記事へのトラックバック一覧です: ステルス機探知?:

« プリウス首位転落か | トップページ | 海賊めっ! »