« ムバラク退陣 | トップページ | 寒さ和らいで »

中国は謝罪と賠償を

日本政府は尖閣沖の巡視船衝突事件における修理費用を当事者である漁船の船長に請求する方針を決めましたが、あろうことか中国政府が反発しています。中国外務省の馬朝旭報道局長によれば、「日本は事件での行動を深く反省するべきで、賠償要求を提起する権利はない」としていますが、呆れて開いた口が塞がりません。これでは自動車事故で、ぶつけた相手が被害者に向かってお前がそこにいたから事故が起きた、反省しろと言っているのと同じで、盗人猛々しいとはこのことです。

国内体制の手前があるにしても非礼にも程があります。ビデオ映像から、衝突の責任が中国漁船にあるのは明らかで、既に帰国してしまった船長に支払う意志がないのなら、国際信義として中国政府が代理弁済するのが当然です。日本政府のいい加減な対応もありますが、この事件のあおりで当方では一人の海上保安官が職を失なっています。民主党首脳には改めてこの事件の対処の不手際の反省を、中国政府にはせめてまともな国としての対応として速やかなる謝罪と賠償を求めたいと思います。

|

« ムバラク退陣 | トップページ | 寒さ和らいで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/50854445

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は謝罪と賠償を:

« ムバラク退陣 | トップページ | 寒さ和らいで »