« 仮設住宅にトレーラーハウスを | トップページ | 根拠はあるのか »

2011年3月30日 (水)

東電は悪徳企業か?

原子力発電所においては、予想しえない自然現象によって発生した被害については免責する規定があるようですが、枝野官房長官は東電の福島第一原発について免責はあり得ないとしています。おそらく事態の重さを念頭に置いたものと思われますが、これについては如何なものかと思います。

地震及び津波による被害に対する東電の対応については様々な問題点はあると思いますが、では設備の設定基準や運用方法について著しい手落ちがあったかと言えば必ずしもそうとは言えないと思います。どうも政府は東電の運用方法をやり玉に挙げたいようですが、それは大きな間違いではないでしょうか。そもそも原発については国家によるコントロールが厳格に行われています。津波による設備損壊について東電の責任を問う声がありますが、設備の設置や所要強度については政府の設定基準や原子力保安院の監督があったはずで、今になって東電だけに責任を問うことは己の責任回避としか思えません。

仮に企業責任として東電に苛酷な責任を負わせれば、企業の対応としては吸収できない負担に対しては電気代に転嫁するのは当然の流れです。政府としては、いかにも勧善懲悪を気取っているのでしょうが、最終的には政府や国民に跳ね返って来るだけなのです。つまらぬパフォーマンスはほどほどにして、国家としてのあるべき姿を具現化するのが王道ではないでしょうか。

|

« 仮設住宅にトレーラーハウスを | トップページ | 根拠はあるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電は悪徳企業か?:

« 仮設住宅にトレーラーハウスを | トップページ | 根拠はあるのか »