« ここにも春が | トップページ | 東電は悪徳企業か? »

2011年3月29日 (火)

仮設住宅にトレーラーハウスを

被災地で仮設住宅の建設が始まっています。今回の災害は津波被害が大きかったので建設用地の選定が大変だろうと思いますが、被災者にも避難疲れが出る頃なので少しでも早く供給できたらと願っています。ただいつも思うのですが、短い工期で建設出来る様に顧慮されている割には仮設住宅の工期が一カ月程度かかってしまうのは問題なのではないでしょうか。被災者に少しでも早く住宅を提供するために、以前にも提案したことがありますが、どこへでも移動可能なトレーラーハウスの活用を考えてはどうでしょうか。

トレーラーハウスは本来は長期的なキャンピングの用途ですが、トレーラーの上にプレハブ住宅を乗せたような構造で、住居としての基本的な設備が備えられているので、移動さえできればその日からでも居住が可能ですし、不要になれば撤去も簡単です。今回の災害には間に合いませんが将来的課題として一考の余地はあるのではないでしょうか。

|

« ここにも春が | トップページ | 東電は悪徳企業か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮設住宅にトレーラーハウスを:

« ここにも春が | トップページ | 東電は悪徳企業か? »