« 今年の春は寒い? | トップページ | 高速料金休日1000円制度終焉か? »

後ろ向きな自民党

戦後、長期に亘って政権の座に就いていて、現在の様々な仕組み、体制についてはその多くに責任がある筈なのですが、どうもその意気込みが伝わって来ません。民主党と言うよりも菅総理の人柄、手腕のせいもあるのでしょうが震災復興の枠組みに加わることを政権の延命に手を貸すことになるとして、頑なに拒否していますが如何なものでしょうか?

そんなケチなことを言う前に現地で困っている被災者のために大いに汗をかけば、更なる国民の指示を回復出来るかも知れません。復興には多額の資金が必要となりますが、政府・民主党内で構想が上がっている復興目的の消費税率のアップについて、石原幹事長は言下に拒否を明言しましたが、その理由と代替案については何も触れていません。

現在の政府の手腕・姿勢には疑問符が付くことだらけですが、では自民党に政権運営を任せられるかと言う話になると今の状態ではとても安心して任せられる状態ではないように思われます。政治家は自身のためでなく、今こそ国民のためにその持てる力を最大限発揮すべきではないでしょうか。民主党をおびやかすような自民党の奮起を期待します。

|

« 今年の春は寒い? | トップページ | 高速料金休日1000円制度終焉か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/51448842

この記事へのトラックバック一覧です: 後ろ向きな自民党:

« 今年の春は寒い? | トップページ | 高速料金休日1000円制度終焉か? »