« 水没F-2戦闘機、再生か? | トップページ | 今年の春は寒い? »

2011年4月19日 (火)

MDの進化

MDといっても音楽用のミニディスクのことではありません、ミサイル防衛の話です。先日米国はマーシャル諸島から射程3000Km以上あるオトリ用の中距離弾道ミサイルを発射し、ハワイ西方のイージス艦からSM-3ミサイルを発射して11分後に撃墜することに成功しました。SM-3の性能については最大迎撃高度などが明らかになっていませんが、過去に制御不能になった軍事衛星を高度250Kmの高度で撃墜することに成功しており、300Km程度の高度まで運用可能ではないかと推測されていました。

現在のSM-3はブロックⅠAと呼ばれるもので短距離弾道ミサイルの迎撃を狙ったもので、中距離用については今後開発予定の射程や精度を向上させたブロックⅡAで行うとされていました。軍事の世界ですから、何もかも情報が明らかにされる訳ではありません。今回使用されたSM-3がノーマル仕様なのか特別バージョンなのかは不明ですが、言えるのはその迎撃能力が確実に進化しているということで、周辺国の弾道ミサイルの脅威にさらされている我が国にとってもこの意義は大変大きいと思います。

|

« 水没F-2戦闘機、再生か? | トップページ | 今年の春は寒い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MDの進化:

« 水没F-2戦闘機、再生か? | トップページ | 今年の春は寒い? »