« 最近花の写真が多くなった訳 | トップページ | 菅政権の経済政策に落第点 »

2011年5月13日 (金)

尾崎隆エベレストに死す

各紙が伝えるところによれば現地時間の12日、登山家の尾崎隆氏(58歳)がエベレスト(8848m)に登山中頂上間近の8600m付近で倒れ、死亡しました。死因は高山病によるものと見られています。

彼とは過去にシャモニーのキャンプ場で一緒だったことがあり、同世代でもあり大変ショックです。エベレストには三浦雄一郎氏が日本人最高齢として登頂していますが、流石にこの高さになると常に死と隣り合わせになる領域です。岳人としての最終目標としている人も多いのだろうと思いますが、ルートのコンディションとともに体調が万全でないと夢を果たすことは難しいようです。謹んでご冥福をお祈りします。

|

« 最近花の写真が多くなった訳 | トップページ | 菅政権の経済政策に落第点 »

コメント

 尾崎隆で検索していたら故人と直接お会いしていた方のブログを発見して書かせていただきます。
 
 私は逆に、地元でありながら、お会いした事がありません。ここ数年は亀山で一人暮らしをしてみえ、御在所の藤内壁で個人指導などもされていたようです。
 夕方、畑仕事の帰りに彼の実家の前を通りましたが、特別な感じは受けませんでした。
 何年か前ですが、その近くの知り合いを尋ねたとき、あそこの息子の尾崎隆を知らないかと聞いたら、知らないと答えました。
 10歳以上年齢が離れているとはいえ、登山家って知名度が無さ杉!

 高山病は登山家にはちょいと不名誉かもしれませんが、59歳で「エベレストに死す」はカッコイイ
 

投稿: nobon | 2011年5月14日 (土) 20時45分

nobonさん、コメントありがとうございます。クライマーには個性の強い人が多いように思います。命を賭けて大岸壁を登るのですから当然と言えば当然だと思います。

私がシャモニーで氏とご一緒したのは本当に偶然でしたが、クライマーにありがちな押しの強さも無く人当たりの良い人でした。私は壁屋ではなく専ら縦走タイプの山登りをしていましたので、以後今日まで再会することはありませんでしたが、この年齢でエベレストにチャレンジしたのはすごいと思います。夢が叶わなかったのは本当に残念ですが、この年齢でエベレストの挑むこと自体ものすごいことです。

私も友人を山で亡くしていますが、どうか地元にこんなすごいクライマーがいたんだと言うことをいつまでも記憶に留めてやって下さい。

投稿: 雨辰 | 2011年5月15日 (日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾崎隆エベレストに死す:

« 最近花の写真が多くなった訳 | トップページ | 菅政権の経済政策に落第点 »