« 中国新幹線 | トップページ | ニューフロンティアの終焉 »

菅房長官さん、今頃何言ってんの

唐突にストレステストを持ち出すなど、この政権はもう統治能力を失ってしまったようです。国民や産業界がそれこそ汗を流して電力不足を乗り切ろうとしている時に、発電量のカギを握る原発の再稼働に重い足かせをはめようなど、暴走にも程があります。そもそも浜岡原発の5号機を停止させる際に、他の原発は安全だからと説明していたのは他ならぬ菅氏でした。それが海江田経産相が玄海原発の再稼働に向けて地元の根回しを行っている最中に、事前に何の相談もなく突然ストレステストを持ちだすなどとは、どう考えても国民生活よりも自身の延命のためとしか思われません。

そして枝野さん、「電力供給のために安全・安心を犠牲にできない」と言ったとか言うことですが、これはもうお得意の論理のすり替えです。誰が安全を犠牲にしろと言ったのでしょうか?国民生活の安定のため、電力の安定供給が必要であり条件が整ったところから再稼働が必要であると言う事です。現在は本来は運転を終了した火力発電所を無理やり再稼働させたり、定期点検を秋まで先送りにして何とか電力危機を乗り切ろうとしていますが、東電管内では今月16日以降予備率が3%を切る予想で予断を許さない状況です。もしここで原発の再稼働が見送りになれば、電力供給に更なる重大な懸念が生じることになってしまいます。放射線に対する安全も必要ですが、本来必要とする電力が得られないことによる安全の喪失に対してはどのように対処するつもりなのでしょうか。

政治は白か黒かの二者択一で割り切れるほど単純なものではありません。電力供給と安全をいかに両立させるかを考えるのが政治家の役目です。馬鹿なことを言っていないで味噌汁で顔を洗って出直して下さい。

|

« 中国新幹線 | トップページ | ニューフロンティアの終焉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/52153349

この記事へのトラックバック一覧です: 菅房長官さん、今頃何言ってんの:

« 中国新幹線 | トップページ | ニューフロンティアの終焉 »