« 初採りキュウリ | トップページ | 現代の矛盾 »

2011年7月18日 (月)

なでしこ満開

なでしこジャパンがPK戦の末、強敵米国を破って女子W杯で優勝しました。これまで24戦して勝ち星がない相手だけに、ゲームは終始米国がリードしていましたし、FIFAランキング1位だけあって、スピードや攻撃力に勝る米国は本当に強いチームでした。ただ、体格では遠く及ばないながらも勝利に対する執着心は、なでしこジャパンの方が少しだけ相手に勝っていたように思います。そのわずかな差が相手のミスを誘い、勝利に結びついたのでしょう。野球では「筋書きのないドラマ」なるフレーズが良く使われますが、今日のゲームの結末は誰も予想ができなかったのではないでしょうか。

大会を振り返って見ると、今回の大会は他チームも含めてレベルの高い好ゲームが多く、改めて女子サッカーの魅力を世界にアピールしたのではないでしょうか。

|

« 初採りキュウリ | トップページ | 現代の矛盾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なでしこ満開:

« 初採りキュウリ | トップページ | 現代の矛盾 »