« 夏山登山計画中止に | トップページ | ミリメシに赤飯は不都合か? »

2011年8月10日 (水)

熱闘甲子園ですが

夏の甲子園、全国高校野球大会が開かれ熱闘を繰り広げていますが、炎天下での開催に私には違和感が感じられてなりません。若者がスポーツに打ち込んで心身を鍛えることは大いに意義があることだと思いますが、連日30℃を超える気温の中では少々危険ではないかと思えるからです。以前何かの番組でグランドの気温を測定したところ、球場周辺は30℃を少し超えた位だったと思いますが、周囲をスタンドでかこまれているグランド上は35℃を超える38℃くらい温度だったと思います。

最近は熱中症の予防が叫ばれるようになりましたが、事故防止の指針では35℃を超える環境下では激しいスポーツは控えるべきとなっていたと思います。事実地方予選でも試合中や試合後に体調不良に陥る選手がでています。流石に甲子園出場校は体力的にも秀でた集団ではあると思いますが、油断は禁物です。昨日は練習中の中学の野球部員が熱中症で死亡する事故も起きていますので、安全の観点から大会運用面での配慮が必要なのではないでしょうか。

|

« 夏山登山計画中止に | トップページ | ミリメシに赤飯は不都合か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱闘甲子園ですが:

« 夏山登山計画中止に | トップページ | ミリメシに赤飯は不都合か? »