« 富幕山の野草 | トップページ | どうした自民党 »

危機感が足りないのでは

鉢呂経産相が「死の町」「放射能を移す」などの発言の責任を取る形で辞任しました。自民党は発言が公になるやいなや、辞任を要求しましたが、私にはとてもその必要があるようには感じられませんでした。「死の町」については表現としてはどうかと思いますが、事実としてはその通りであり、それを認めた上で対策を講じるわけで、大臣の資格云々の必要は全くありません。過去にはそれ以上の発言をしながら居座り続けた大臣が数多くおり、なぜ、今回執拗に取り上げたのかがわかりません。

また放射能云々については発言の状況からみて、公に発言したものではないようなのでこれも全く問題ありません。それよりも、電力確保、原発の再稼働をどうするかなど、緊急を要する課題が山積です。つまらぬ上げ足とりで大臣が交代し、またスタートが遅れるわけで、このツケは国民生活に跳ね返ってきます。この問題に固執した関係者には危機意識が欠如しているとしか思えません。

|

« 富幕山の野草 | トップページ | どうした自民党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/52708603

この記事へのトラックバック一覧です: 危機感が足りないのでは:

« 富幕山の野草 | トップページ | どうした自民党 »