« 待たれる第二東名開通 | トップページ | 台風は去ったけれど »

一川防衛相

組閣の呼び込みに駆けつけた際の一川議員の「素人」発言が波紋を広げています。確かに数ある閣僚の中でも防衛大臣は馴染みが薄いのはその通りかも知れません。しかし、少なくとも国会議員である以上は安全保障、外交全般、財政については自身の言葉で持論を展開出来ないようでは不勉強のそしりは免れません。

ましてや普天間基地移転や尖閣領有問題、中国空母問題など国益に直結する課題が山積しているのに、いかにそれらに関心を持ってこなかったことを自慢げに話されても国民は白ける他はありません。防衛大臣は軍事オタクである必要はないと思いますが、国家の根幹である安全保障がおざなりにされることは許されません。今からでも遅くありませんから猛勉強をして、国家国民のために一命を賭す覚悟で重責に取り組んで頂きたいと思います。それにしても党内で所属議員数を誇示していた小沢派ですが、代表選でも浮き彫りになった人材の無さは目を覆うばかりです。

|

« 待たれる第二東名開通 | トップページ | 台風は去ったけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/52640496

この記事へのトラックバック一覧です: 一川防衛相:

« 待たれる第二東名開通 | トップページ | 台風は去ったけれど »