« 今朝も寒い | トップページ | 90式戦車をフェリー輸送 »

天浜鉄道、天竜川下りから撤退へ

天竜川で川下り船が転覆し、乗船客5名が亡くなった事故を受けて天竜浜名湖鉄道は天竜観光協会からの川下り事業の受託を返上し、本業の鉄道輸送に専念する方針を明らかにしました。事故後、安全対策の試算で機材の充実や人員の増強で従来の3倍の経費がかかる見通しであることが分かり、採算面で本業を圧迫しかねないとの判断があったものと思われます。周辺の自治体からの出資で成り立つ天竜浜名湖鉄道は経営基盤が弱く、本業以外の事業からの撤退を余儀なくされたものです。

天竜観光協会にも川下り事業を単独で続行させる体力がないことから、63年続いたこの地区の天竜川下りはこのまま消滅することになりそうですが、来年夏には近隣に第二東名が開通し、遠方からの集客が期待できることから何とか存続できる道がないか関係者の奮起が望まれます。

|

« 今朝も寒い | トップページ | 90式戦車をフェリー輸送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/53098885

この記事へのトラックバック一覧です: 天浜鉄道、天竜川下りから撤退へ:

« 今朝も寒い | トップページ | 90式戦車をフェリー輸送 »