« そうりゅう型5番艦進水 | トップページ | 石川遼選手の交際報道 »

2011年10月24日 (月)

秋たけなわの三石山

今日は友人達のパーティーに飛び入りする形で山梨県の三石山(1173m)に行ってきました。三石山はヤマケイのガイドブックにも登場しないあまり知られていない山ですが、山梨100名山に数えられているようです。南アルプスと富士山が展望できると言うことで期待して行ったのですが、天気予報とは裏腹にどうも空模様がぱっとしません。

Pa230890_2

富士川を渡って身延線の身延駅北側から大崩集落への林道を詰めますが、途中狭い箇所があって、スリル満点です。集落の最上部手前に駐車場があるので利用させてもらいました。

Pa230879

カエデの類でしょうか、山腹を彩り始めています。

Pa230884

リンドウが1輪だけ花を咲かせていました。

Pa230885

この山も倒木や登山道が崩壊した箇所が何カ所かあり、台風12、15号の爪痕が残っていました。倒木をくぐって顔を上げると目の前にムラサキシキブがありました。風か虫食いか葉はボロボロです。

Pa230867

尾根上にでると黄葉が始まっていましたが、ガスがかかってしまい鮮やかとは言い難い色模様です。

Pa230875

身延の町の向こう側に南アルプスが見えるはずでしたが、ご覧のような有様で今回は無念の涙を飲みました。

Pa230864

鎖場を2カ所ほど登ると巨岩が点在する三石神社の境内に出ます。今日はうっすらとガスが立ちこめていましたので、神秘的な雰囲気が満点です。お堂左側の岩は高さ10m以上はあるかと思われる巨岩です。

登山口に熊注意の看板がありましたが、大人数だったせいか幸いにも熊さんには出会わず、静かな山歩きを楽しんで下山しました。

|

« そうりゅう型5番艦進水 | トップページ | 石川遼選手の交際報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋たけなわの三石山:

« そうりゅう型5番艦進水 | トップページ | 石川遼選手の交際報道 »