« 秋深まる | トップページ | 木の質感に感慨 »

自民党内紛

自民党が党役員の人事を行いましたが、人選で紛糾し政権奪還に向けた強力な布陣とは言い難い状況です。下野後若手の登用など、従来の派閥の影響を脱したかとも思われましたがどうもそうか行かないようです。結局、各派閥から均衡するような人選となり、とても与党を追い詰める体制とは思えません。自民党は野田内閣の組閣人事で、派閥均衡人事だと批判していましたが、自分達も同じことをしているようでは批判の資格はありません。

これから震災復興に向けた来年度予算の審議も待っていますが、現在の状況下で自分たちの都合を優先しているようでは国民の支持は得られません。敵失ではなく、政策論での与野党激突を期待したいものです。

|

« 秋深まる | トップページ | 木の質感に感慨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/52912379

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党内紛:

« 秋深まる | トップページ | 木の質感に感慨 »