« オリンパス社長解任 | トップページ | カダフィ体制の完全終焉 »

2011年10月19日 (水)

タイの水害深刻化

タイの水害が一向に好転しません。国土が長期間浸水し、更のカメラに首都圏に迫る勢いと言うのが信じられません。多くの日本企業がタイに進出していますが、大半が水没して操業停止となっています。ニコンやソニーのカメラ工場もライン停止で今後製品の供給不足などが懸念されます。

また、円高対策として現地で生産した部品を国内に輸入している企業も多くありますが、水害が長引くことで、国内での製品組み立てに支障が出ることが予想されます。このような事態を受けて米空母ジョージワシントンが支援活動のためタイに向かっています。お天気頼みのところもありますが、タイ国政府の水防活動が功を奏することが期待されます。

|

« オリンパス社長解任 | トップページ | カダフィ体制の完全終焉 »

コメント

被害は深刻化の一途を辿っているようです。身の回りの企業でも現地工場が操業停止となり、国内への出荷が出来なくなって取引先と調整を迫られるところが出始めました。影響が長引くことが懸念されます。

投稿: 雨辰 | 2011年10月20日 (木) 05時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの水害深刻化:

« オリンパス社長解任 | トップページ | カダフィ体制の完全終焉 »