« 無能さ際立つ一川防衛相 | トップページ | アイドリングストップ車 »

2011年11月28日 (月)

閉塞感打破となるか

大阪府知事、市長のダブル選挙で大阪維新の会の橋下氏、松井氏がそれぞれ当選しました。既存政党はこぞって現職の平松氏を推していましたので、今回の敗北は政党の退潮を裏付ける結果となりました。橋下氏が唱える「大阪都」構想実現には法律の改正が必要となりますので、すんなり実現するとは思えませんが、現状打破を望む民意が既成の体制にノーを突きつけた形です。選挙ではスローガンの連呼で済みましたが、今後、橋下構想が現実味を帯び、利害が明らかとなった時に果たして民意が一枚岩となれるのか、今後の推移が注目されます。

|

« 無能さ際立つ一川防衛相 | トップページ | アイドリングストップ車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/53353007

この記事へのトラックバック一覧です: 閉塞感打破となるか:

« 無能さ際立つ一川防衛相 | トップページ | アイドリングストップ車 »