« 女性宮家に賛成 | トップページ | 閉塞感打破となるか »

2011年11月27日 (日)

無能さ際立つ一川防衛相

25日、防衛省は南スーダンPKOに派遣される陸上自衛隊の司令部要員2名の出発式を行いましたが、式には渡辺副大臣が出席したのみで一川大臣は姿を見せませんでした。そもそも南スーダンへのPKO派遣は現地が海岸から遠く、補給に多大な困難が予想されることや現地の情勢が不安定であることから陸自部内では入念な準備を望んでいたとされますが、国際的な評価を得たい政府が安請け合いをした経緯があります。いわゆる「政治主導」とやらで自衛隊に困難な任務を押し付けているのに、その総責任者である大臣が部下の主張に立ち合わないのは無責任の極みです。

現在空自小松基地のF-15のタンク落下事故のあおりで、小松基地ではスクランブルを除くF-15の飛行訓練が禁止されたままです。これは再会について地元の了解が得られないからですが、訓練の中止が長期化したことによりパイロットの技量維持のため、わざわざ百里基地に派遣して訓練をしなければならなくなっています。こんな事態になっているのに地元出身であるのに大臣は何の働きもしていません。まさに無能としか言いようがありません。

就任の際のおバカなシビリアンコントロール発言のみならず、先のブータン国王夫妻の歓迎晩さん会への非礼な欠席といい大臣としての資質に重大な疑問符を付けざるを得ないのは私だけでしょうか。

|

« 女性宮家に賛成 | トップページ | 閉塞感打破となるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/53345134

この記事へのトラックバック一覧です: 無能さ際立つ一川防衛相:

« 女性宮家に賛成 | トップページ | 閉塞感打破となるか »