« ゴン中山、44歳の来期も現役続行 | トップページ | 粉ミルクのセシウム問題 »

2011年12月 7日 (水)

プーチンの落日

ロシアのプーチン首相は大統領の3選を禁止した憲法の規定を避けるため、一時的に首相の座に就いていますが、次期大統領選に出馬して返り咲きを目指しています。この方針については現大統領のメドベージェフ氏も心得ており、彼の野望は成就間違いなしと思われていましたが、危険信号が燈りました。今回行われた下院選挙で与党統一ロシアの得票数が過半数に達しなかったからです。選挙についてはそもそも公平性に疑問符が付いていましたが、それでもなお、過半数を制することができなかったことは国民の支持を失っていることを意味します。どういう訳か日本のマスコミはこの結果に就いてあまり詳しく報道していませんが、北方領土問題にも大きく関わって来るだけに無関心ではいられません。

絶対的な強権を背景に権力を欲しいままにして来たプーチン氏ですが、この局面をどう打開するのか、今後の対応が注目されます。

|

« ゴン中山、44歳の来期も現役続行 | トップページ | 粉ミルクのセシウム問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/53424098

この記事へのトラックバック一覧です: プーチンの落日:

« ゴン中山、44歳の来期も現役続行 | トップページ | 粉ミルクのセシウム問題 »