« 北朝鮮漂流船の謎 | トップページ | 気になる石垣 »

2012年1月 9日 (月)

新年初登山

今年は辰年です。干支にちなんで竜の字が付く山と言うことで、竜頭山(1352m)に登ってきました。以前にも書きましたが、標高はあまり高くないように見えますが登山口の標高が10mそこそこなので、標高差は1200m以上とちょっとした中級山岳以上の行程です。最近山歩きから遠ざかっていたので、たるんだ心身には中々こたえてしまいます。

P1081234

登り始めは氷点下7℃の気温でしたが、途中から気温が上がって結構汗をかきます。沢から水を引いた水飲み場で喉をうるおしました。

P1081203

1100mを超えた付近からやっと雪が出始めました。ただこの時期はせいぜい5~10cm程度でアイゼンの出番はありませんでした。

P1081209

頂上直下の雪原。実はマイクロウェーブ中継所への林道です。この辺りが一番雪が沢山ありました。

P1081207

冬は空気が澄んでいるのでかなり遠くの山を見ることが出来たりします。樹林越しに御岳山の雄姿です。

P1081216 

写真を撮ったりゆっくり登ったので、頂上まで約3時間45分程かかってしまい体力の衰えを実感させられました。別ルートから登った友人たちは2時間45分と1時間も短い時間で登って来ました。頂上には5、6人と思ったより人は少なく、静かな時間を楽しむ事が出来ました。こちらは南アルプスの上河内岳です。頂上で存分の眺望を楽しみ、満足して下山しました。

|

« 北朝鮮漂流船の謎 | トップページ | 気になる石垣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年初登山:

« 北朝鮮漂流船の謎 | トップページ | 気になる石垣 »