« お花見日和 | トップページ | 準天頂衛星みちびきが利用できる »

2012年3月12日 (月)

これまで、そしてこれからの1年

昨日は東日本大震災から1年と言う事で、テレビは一日中震災関連の話題を伝えていました。今まで伝えられなかった苛酷な事実が、1年と言う時間のフィルターを経たからか沢山紹介されました。震災による悲惨な事例はあまりに多すぎますが、どの被災者も前を向いて強く生きている姿に胸を打たれます。

復興についてはどの分野についても国の支援が遅すぎます。復興関連の交付金についても査定によって半分に減額された福島県知事が抗議しましたが、被災地では雇用の創出の問題もありますから、まず予算が執行されて事業が動くことが何より大切です。がれき処理や津波対策を反映した住宅再建など解決しなければならない難問も数多くありますが、被災者の心が折れる前に支援の輪が届くようにしなければなりません。今までの問題点を反省し、これからの1年をスピードを持って取り組むことがとても大切だと思います。

P3111382

|

« お花見日和 | トップページ | 準天頂衛星みちびきが利用できる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これまで、そしてこれからの1年:

« お花見日和 | トップページ | 準天頂衛星みちびきが利用できる »