« 次期輸送機が開発延長 | トップページ | 自己責任?事故責任? »

2012年4月28日 (土)

小沢復権は個人崇拝

民主党の小沢元代表が政治資金報告書の虚偽記載で起訴された事件で東京地裁が無罪判決を出しましたが、これを受けて小沢派とされる議員たちが復権に向けて行動を開始しました。マスコミにも露出して清廉潔白を主張していますがとんでもありません。判決は東京第5検察審査会の起訴議決を有効と判断し、元秘書たちが作成した陸山会の政治資金収支報告書が虚偽記載にあたると認定しています。その上で「元代表は違法性の根拠となる具体的事情まで認識していなかった可能性を否定できず共謀を認めて刑事責任を問うことはできない」としていわゆる「疑わしきは被告人の利益に」として無罪としたものです。

つまり極めて疑わしいが、決定的な証拠に乏しいとした無罪であって潔白とは程遠い状況認定です。小沢氏本人もかなり調子に乗っていますが、取り巻き連中も自分たちの保身もあってか小沢氏の復権を声高に唱えています。しかし政治資金で土地を購入して個人での登記をし、その購入資金の出所を誤魔化すような政治家に一体何が期待できるでしょうか。こんな人間はバッジを付ける資格はありませんし、そんな人間を担ごうとする議員も情けない限りです。かつての小沢氏は行動力を持ち、変革を訴える姿にリーダーシップを感じさせましたが、金に薄汚れた現在の姿は国民の期待とは程遠い存在です。そんなリーダーを担ごうとするグループの姿は国民をダシにした見苦しい個人崇拝としか見えません。

|

« 次期輸送機が開発延長 | トップページ | 自己責任?事故責任? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/54580974

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢復権は個人崇拝:

« 次期輸送機が開発延長 | トップページ | 自己責任?事故責任? »