« 観測衛星「しずく」打ち上げへ | トップページ | 交換レンズを買いました »

2012年5月18日 (金)

安全を政争の具にする自民党

原発の再稼働については未だ先行きが不透明ですが、夏本番ともなれば厳しい電力事情が控えているだけに早期の再開が望ましいと考えています。ところで、原子力保安院に代わる原子力の安全を司る原子力規制庁を設置する国会審議が自公の反対で目途が経っていません。今日のゆがんだ原子力行政の責任は、長年与党として官僚や電力会社とズブズブの関係を続けてきた自民党にあるのは明らかです。自らの失政を反省して新たな原子力行政の構築に協力するのがせめてもの国民に対する贖罪の道だと思うのですが、この党は心底腐っているようです。

取るに足らない参院での閣僚の問責決議を、鬼の首でも取ったかのようにはしゃぎまわって審議開始の条件としていますが、何様のつもりなのでしょうか。国民の安全を閣僚の任免との天秤にかけること自体が国民の存在を無視するものであり、エネルギー問題を政争の道具としか見ていない証拠です。自身の旧悪を恥じるでもなく、のうのうと取引に使おうとするその性根は腐りきっているとしか言いようがありません。このところの高温で熱中症による死者も出ています。下らない政争に明け暮れる余裕など今の我が国にはありません。もし、与党に返り咲きたいと真剣に思っているのなら、即刻審議入りして原子力の安全を取り戻すために協力を惜しまないことです。責任政党を名乗るなら当然の責任です。

P5041529

|

« 観測衛星「しずく」打ち上げへ | トップページ | 交換レンズを買いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/54735659

この記事へのトラックバック一覧です: 安全を政争の具にする自民党:

« 観測衛星「しずく」打ち上げへ | トップページ | 交換レンズを買いました »