« 無事帰りました | トップページ | 東北旅行・二本松編 »

2012年5月 6日 (日)

白馬岳遭難事故に思う

この連休は天候が不順となって遭難が心配されましたが、吹雪となった北アルプスで遭難が相次ぎ、3パーティー8人が死亡する大量遭難事故となってしまいました。8人が全員60歳以上だったというのも今回の遭難の特徴の一つですが、亡くなられた方に鞭打つようで申し訳ありませんが白馬岳の遭難には無性に腹が立ってしまいました。5月の3000メートルの稜線と言えば、氷点下になるのが当たり前です。ところが遭難したパーティーは綿のズボンにTシャツやジャンパー姿だったとかで、とても積雪期の3000メートルの稜線を歩く力量があるとは思えず、無謀としか言いようがありません。

報道によればメンバーは医師や獣医師で、日常と違う世界に立ち入るためにはそれなりの経験や装備が必要なことは十分理解できる立場の方々です。また仕事柄、日頃から情報の取得のための手段を持ち合わせていた筈ですから目的の山の状態や必要な力量も十分知り得たと思われます。毎年のように山の遭難が繰り返され、その度に経験不足や装備の不備が指摘されてきたのに、その警鐘を全く無視するかのような行動は軽率であり無思慮です。残された家族の嘆きを思えば、何故これまでの遭難事故を教訓としてくれなかったのかと無性に腹が立ちました。

P5040041

私の友人は悪天候時に軽装備で行動して遭難し、この山の山頂直下で帰らぬ人となってしまいました。一見穏やかで美しく見える山も、一旦荒れれば恐ろしい牙を剥いて襲いかかります。私たちは謙虚な姿勢で、山のご機嫌のいい時に頂きに立たせてもらっているのだと言う認識が無ければこれからも遭難事故は起きてしまうでしょう。どうか、悲しい遭難事故が起きないよう、細心の注意を持って登山して欲しいと思います。

|

« 無事帰りました | トップページ | 東北旅行・二本松編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬岳遭難事故に思う:

« 無事帰りました | トップページ | 東北旅行・二本松編 »