« 産経新聞がオスプレイ擁護記事 | トップページ | 落ち武者、小沢一郎 »

2012年7月 1日 (日)

とある蕎麦屋

今日は静岡市に行って来ました。静岡は漆器などの木工製品の伝統があることや山葵栽培発祥の地でもあることからか、そばの店が多数あります。そばは東高西低の立地と言われ、浜松以西はうどん圏内ですが、静岡はうどんよりも蕎麦屋さんの方が一般的です。

昼になったので食事を取ろうと走っていると山裾の旧街道沿いに一軒の蕎麦屋を見つけました。小さな店ですがメニューのバリエーションは結構豊富で、静かな音量でジャズが流れる落ち着いた感じの良さそうな店です。

P7011616  

こんな立地でやっていけるのかなと思うぐらいの通りですが、先客が1組、帰り際にもう1組の来店がありましたのでまあまあ繁盛しているようです。

P7011611

注文したのは天せいろです。つゆは甘からず、塩辛くなく丁度いい塩梅でした。薬味は当然山葵ですが、辛味大根のメニューもありました。

P7011613

天ぷらもちょうど良い上がり具合。抹茶塩と天つゆの両方が用意されているのでお好みで食べられるのがとてもGOODです。

P7011615

メニューで気になったのが汁粉です。なんで蕎麦屋に汁粉がと思いましたが、聞いてみると蕎麦がきを団子代わりにしていました。普通の白玉バージョンもやっているとのことですが、珍しいので蕎麦がきの団子を注文しました。これはこれでありだと思いますが、好みで言えば、蕎麦がきを味わうのには一般的な食べ方の方が合っているような気がしました。

|

« 産経新聞がオスプレイ擁護記事 | トップページ | 落ち武者、小沢一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/55098416

この記事へのトラックバック一覧です: とある蕎麦屋:

« 産経新聞がオスプレイ擁護記事 | トップページ | 落ち武者、小沢一郎 »