« とある蕎麦屋 | トップページ | 原発再稼働 »

2012年7月 2日 (月)

落ち武者、小沢一郎

民主党元代表の小沢一郎氏がやっと離党しました。手勢は衆議院議員が38名、参院議員が12名と当初より大分少なくなっています。小沢氏は離党の理由を、国民との契約を重視する為と言っていますが、それを言うならガソリン税の暫定税率を廃止してガソリン価格を引き下げるとマニフェストに謳いながら、一方的に廃止を中止したことをどう説明するのか納得出来ません。

小沢氏の離党について民主党としては、かねてから党の方針に異議を唱える不満分子をこれで一掃できるので、むしろ喜ばしいことと言えるのではないでしょうか。今後は新党を立ち上げる見込みと思われますが、世論の多くは新党に期待をしておらず、これまで繰り返してきた離党劇とは様子が違います。小沢氏の今後については展望が全く開かれておらず、野垂れ死にとなる公算が強いものと思われます。小沢氏は過去幾度となく離合集散を繰り返して来ましたが、今回のように展望が開けないまま離党を強行しても、そこには大義が存在せず、内紛に敗れた落ち武者でしかありません。一般的に落ち武者の末路は悲惨なものですが、小沢氏の未来も決して明るいものではないと思われます。

|

« とある蕎麦屋 | トップページ | 原発再稼働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/55107460

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち武者、小沢一郎:

« とある蕎麦屋 | トップページ | 原発再稼働 »