« 信州城めぐり、~松代城編その1~ | トップページ | 信州城めぐり、~松本城編その1~ »

2012年8月19日 (日)

信州城めぐり、~松代城編その2~

松代は現在は長野市に編入されていますが、周囲を山に囲まれ明治以後は松代町として古い町並みを残してきました。

P8170067

真田家伝来の武具や古文書などを展示している真田宝物館を東側から見て。宝物館北側に無料駐車場があります。

P8170069

真田藩主の隠居所となった真田邸入り口付近。1966年に真田家から松代町に寄贈され、国指定の大名屋敷の史跡として現在整備が進んでいます。

P8170066_2

武家屋敷の様式を残している旧樋口家住宅。樋口家は目付役を務めた家がらで、幕末の石高が230石ですからそこそこの高官と言えるのではないでしょうか。この周辺は景観に配慮した街並みとなっています。

P8170112

真田邸北側の佇まい。正面突き当たりが旧樋口家住宅です。

P8170109

蔵が立ち並ぶ真田邸内部。

P8170105

藩校として1853年に開校した文武学校。すぐ隣が現在の松代小学校となっており教育県として有名な長野県らしい配置です。

P8170106

旧白井家の表門、文武学校前にあります。

松代の町並みを訪ねた後、宝物館横の観光物産館にある食堂で遅い昼食を採りましたが、メニューにざる蕎麦とカレーライスのセットがあり目が点に。勇気がなかったので無難にとろろざる蕎麦にしましたが、信州そばの本場だけあって結構いける味わいでした。

|

« 信州城めぐり、~松代城編その1~ | トップページ | 信州城めぐり、~松本城編その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州城めぐり、~松代城編その2~:

« 信州城めぐり、~松代城編その1~ | トップページ | 信州城めぐり、~松本城編その1~ »