« 中国は危険な国、退避勧告を | トップページ | 初孫誕生 »

2012年9月16日 (日)

初秋の葦毛湿原

折角の日曜日ですが猛烈な勢力の台風16号の影響で、天気予報が芳しくありません。近場で山歩きをと思いましたが、仕方がないので豊橋市にある葦毛湿原(いもうしつげん)散策に予定を変更です。葦毛湿原は周囲の低山からの湧水によって形成された湧水湿地で、湿原の植物の宝庫となっています。

P9160016

湿原保護の為、尾瀬のような木道が敷かれています。このこともあってか、東海の尾瀬と呼ばれています。残念ながら湿原へのペットの入場は禁止されていますので、ワンコは家でお留守番です。

P9160007

湿地に生育する食中植物のモウセンゴケ。正確には東海地方の固有種トウカイコモウセンゴケです。モウセンゴケは生育環境が限定されるため、多くの都道府県で絶滅危惧類に指定されています。今年は各地で降水量が少な目となっていますが、ここもちょっと渇き気味の所が目立ちました。

P9160006

本日の主役シラタマホシクサ。湿原のあちこちで群落を作っていました。テレビで紹介された直後らしく、急遽訪れた人たちが多かったようです。

P9160012

木道から離れた所に咲いていたサワギキョウ。丁度見頃を迎えていましたが、ほとんどの人が気づかずに通り過ぎていました。

P9160022

横向きに花を付けるキセルアザミ。この花はやや上向きに咲いていました。

|

« 中国は危険な国、退避勧告を | トップページ | 初孫誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の葦毛湿原:

« 中国は危険な国、退避勧告を | トップページ | 初孫誕生 »