« 自発的辞任? | トップページ | 寒いッ! »

2012年10月23日 (火)

無礼千万な中国外務省

沖縄本島の南東150Kmの海上で中国人64人が乗った貨物船が火災を起こし、台湾当局から通報を受けた海上保安庁の巡視艇「あわぐも」が急行し乗員全員を救助しました。海難事故にあった乗員を救助するのは人道的見地から当然のことですが、当事国である中国外務省の対応は全く頂けません。普通このような事例の場合、事実関係とともに救助国への謝辞を述べるのが国際的儀礼だと思うのですが、中国外務省の副報道官は「日本側と協調して鎮火と救助のための有効な措置を取った」と自分たちが事態に対応したことのみを伝えるのみで謝意はどこにも感じられません。

64名と言う多数の自国民の救助に対しては感謝するのが当然だと思うのですが、この国は謝意を表すことを頑なに拒んでさえいるようで、大変不愉快に感じます。中国国民の中にはネット上で素直に謝意を表す記述も見られるようですが、中国外務省の対応は最低と言わざるを得ません。

|

« 自発的辞任? | トップページ | 寒いッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/55952294

この記事へのトラックバック一覧です: 無礼千万な中国外務省:

« 自発的辞任? | トップページ | 寒いッ! »