« 新党の離合集散騒動続く | トップページ | スプレー缶で大爆発 »

2012年11月28日 (水)

未来の党

嘉田新党が正式に発表されました。反原発を旗印にしていますが、顔ぶれを見ると小沢氏の顔を隠した別働隊の感じがします。理念が先行の嘉田知事と剛腕のイメージが選挙にマイナスとなる小沢氏の思惑が一致した内輪の事情が優先したように思われます。この時期に反原発と言う理念だけで、具体的なロードマップも存在しないのにこの一点で投票を呼び掛けるのは小泉流ワンフレーズ政治を思い起こさせます。関電に続いて九電も電気料金の値上げを表明していますが、脱原発に伴う代替電力や料金の問題は経済界への波及が大きく、具体的な方策が不可欠で理念だけではどうにもなりません。

また、みどりの風は候補者は未来の党から立候補し、当選後は自党に復帰させるとしていますが、有権者を愚弄する行為ではないでしょうか。選挙には旗印を明らかにして臨むべきだと思います。それにしても民主を始め、みんなの、みどりのと「み」で始まる政党名って多いですね。

|

« 新党の離合集散騒動続く | トップページ | スプレー缶で大爆発 »

コメント

小沢氏は無役とのことですが、このことが平然と伝えられることに違和感を覚えてなりません。現在衆参合わせて50人を越える国会議員を擁する実体のある政党の代表が、合流する政党で何の役にも付かないと言うのは極めて異常です。
裏返せば裏の仕事に専念する為に、嘉田知事に表の顔で集票してもらい、業界団体等への締め付けは剛腕小沢氏が裏で辣腕をふるうというシナリオがぷんぷんです。

時期尚早かも知れませんが、このような態勢で脱原発を基本政策としたシャドウキャビネットが果たして組めるのでしょうか、いささか気になります。

投稿: 雨辰 | 2012年11月29日 (木) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/56206863

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の党:

« 新党の離合集散騒動続く | トップページ | スプレー缶で大爆発 »