« 未来の党 | トップページ | 韓国衛星ロケット打ち上げが、また中止 »

2012年11月29日 (木)

スプレー缶で大爆発

静岡県沼津市の県営住宅で爆発があり、窓枠が数メートル飛ばされる事故がありました。原因は住人がストーブの前に殺虫剤のスプレー缶を置いたため加熱して破裂、中身のLPGに引火爆発したものと思われます。目撃した人によればかなりの轟音がしたとのことで、窓枠が千切れて飛ばされるほどのすさまじさでしたが、負傷者が出なかったのが不思議なくらいです。この種の事故は以前から危険性が指摘されて来ましたが、中々周知されていないようです。そもそもスプレー缶には何らかの気体が詰められているので、可燃性でなくても加熱されれば膨張して破裂する危険があります。夏場に高温の車内に放置するのはもちろんですが、これからの季節に暖房器具の前に置くのは自殺行為で、絶対に行ってはなりません。

|

« 未来の党 | トップページ | 韓国衛星ロケット打ち上げが、また中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/56213601

この記事へのトラックバック一覧です: スプレー缶で大爆発:

« 未来の党 | トップページ | 韓国衛星ロケット打ち上げが、また中止 »