« グローバルホークを韓国に売却決定 | トップページ | 空自スクランブルに中国がいちゃもん »

2012年12月27日 (木)

第二次安倍内閣スタート

第二次安倍内閣がスタートしました。注目の防衛大臣はこれまで安全保障とは無縁の小野寺氏でしたが、デリケートな国際状況下ですから強力な補佐役を付けて周辺国から侮られない事が肝要だと思います。
下野以来3年6ヶ月ぶりの政権奪還とあって、満を持した妥当な人事となっているのではないでしょうか。極端な若返りも無い代わりに、ベテラン勢もいて平均年齢は57.7歳と言う事です。内閣のキャッチフレーズは危機突破内閣だそうですが、まずはお手並み拝見です。この時期の政権交代であおりを食ったのが予算編成です。本予算は編成のやり直しで大幅な遅れは必至ですが、大幅な補正予算が予定されており、その中身が問題です。自民党は公共事業の拡大を公言していましたが、財源をどう捻出つもりなのかが焦点です。

金融緩和による景気回復を行う為に国債の大増発を想定しているようですが、既に1、000兆円にも達する国債残高を大幅に増やすことには賛成出来ません。単なる公共事業のばらまきでは後世への借金を増やすだけとなってしまいます。投資に見合う効果がどれだけあるのか厳しい監視が必要ですが、果たして予算に占める国債依存度がどのようになるのかに注目したいと思います。

|

« グローバルホークを韓国に売却決定 | トップページ | 空自スクランブルに中国がいちゃもん »

コメント

正直維新の会やみんなの党が与党になる事だけは避けたいですね、ハッキリ言って民主党以上に政権担当能力が無い。

投稿: furu | 2012年12月27日 (木) 14時10分

furuさん、コメントありがとうございます。自民党がどこまで真面目に政権運営に取り組むのかお手並み拝見ですが、未来の党は消滅寸前ですし、民主に全くやる気が見られませんので、当面自民の天下が続きそうです。

投稿: 雨辰 | 2012年12月27日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二次安倍内閣スタート:

« グローバルホークを韓国に売却決定 | トップページ | 空自スクランブルに中国がいちゃもん »