« 笹子トンネル崩落事故 | トップページ | ゴン中山が引退会見 »

2012年12月 4日 (火)

笹子トンネル崩落事故その2

天井板落下の原因について色々なことが判ってきました。どうやら天井板を支える吊り金具をトンネル本体の天井に固定するボルトが抜けた模様です。ボルトはコンクリートに直接固定されていたように伝えられていますが、ちょっと考えにくいのでナットなど何らかの金具を介しているのではないかと思われますが、現在までの情報ではコンクリートの劣化なのかボルトの劣化なのかまでは分かりません。

ただ、他の高速会社が金具をハンマーでたたいて検査する打音検査を行っていたのに対し、中日本高速道路だけが目視で済ませていたことが危険を検知できず事故につながってしまったことは否めません。また監督官庁である国交省も、こうしたトンネルの安全管理について各社の実情を知り得る立場にありながら、これまで有効な手段を講じてこなかった責任があるように思われます。何にしても経済性が安全に優先して良い訳はありません。昨日は早速同じ構造のトンネルに対して緊急点検が行われたようですが、今後は吊り金具やボルトの交換やトンネル本体の補強が必要になるのではないでしょうか。くどいようですが安全が第一です。

|

« 笹子トンネル崩落事故 | トップページ | ゴン中山が引退会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/56248280

この記事へのトラックバック一覧です: 笹子トンネル崩落事故その2:

« 笹子トンネル崩落事故 | トップページ | ゴン中山が引退会見 »