« 犬にも心の病 | トップページ | 笹子トンネル崩落事故その2 »

2012年12月 3日 (月)

笹子トンネル崩落事故

中央道笹子トンネルの崩落事故は吊り下げられた天井のコンクリート板が、およそ110mに亘って落下し、3日午前5時現在で8名の死亡が確認される大惨事となりました。天井板はトンネルの上部から鉄製のボルト状の長い吊り金具によって固定されていましたが、開通以来一度も交換されていませんでした。詳しいことは判りませんが、おそらく強度計算上は相当の余裕をもって設計されたのだとは思いますが、30年以上を経れば部材への変化があっても不思議はありません。ボルト部分には常に下に向かって天井板の重力が働いていますので、金属疲労や錆による腐食割れと言った現象が起きている可能性があります。

報道によれば3ヶ月ほど前に目視による定期点検があり、異常はなかったとのことです。しかし、構造は違いますが首都高が建設から数十年の年数が経ち、各地で劣化が進んで、危険な個所が相当な数に上っていることを考えれば、1枚当たり1トン以上もの重量の天井板を吊り下げているボルトについては機械的な試験を行い、十分な強度が保てているのかチェックする必要があったのではないかと思います。当面は救助作業が急務ですが、並行して他の個所の安全性の確認が望まれます。

|

« 犬にも心の病 | トップページ | 笹子トンネル崩落事故その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/56241573

この記事へのトラックバック一覧です: 笹子トンネル崩落事故:

» 中央道トンネル崩落:乗用車にも3遺体 死者は合計9人に 構造、メンテのミス。 人災? [自分なりの判断のご紹介]
昨日昼の時点では まだ全容がわかり ませんでした。 今日は朝刊でも、 午前のワイドショー でも大きくとり あげられています。 すごいというか、 恐ろしいですね。(  ゚ ▽ ゚ ;) 中央道トンネル...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 16時02分

« 犬にも心の病 | トップページ | 笹子トンネル崩落事故その2 »