« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

プリンターが壊れた

C社のプリンター複合機を使っていますが、突然使用できなくなりました。我が家のインターネット接続がADSLから光回線に変わり、無線ルーターの設定が変更になっていましたが、プリンターの設定がまだだったので、その作業中のことでした。
突然、エラーメッセージが出て全く動かなくなってしまいました。あれこれ触っったり、電源を入れ直したりしても状況は変わりません。購入から3年余り経っているので、買い替えも考えましたが、交換インクも買ったばかり。駄目もとでメーカーに連絡すると無料引き取りサービスで修理見積もりをしてくれるとのことでした。

引き取りの業者(メーカー指定の運送業者)に渡した翌日、無償修理対応しますとの連絡があり、その日の内に返送してくれました。具体的にどこがどう悪かったのかは判りませんが、購入後3年経った製品を無償修理してくれたと言うことは、メーカー側が自社の責任を認めたからだと思います。最近はプリンターの価格も下がっており、消耗品的なところがありますので、一時は修理費用を考えれば買い替えた方がと思いましたが、余分な出費をせずに済んで本当に助かりました。

今回のことは特別なケースなのかも知れませんが、購入後あまり年数が経っていない場合には一度修理見積もりを取ってみることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さも一服

青森県酸ヶ湯の積雪は記録を更新中で、昨日は5m66cmに達しました。積雪は降った雪の累計ではなく積もった雪の高さなので、高くなればなっただけ雪の重みで嵩は小さくなるのでこの先右肩上がりで増えることはないと思いますが、これまでの記録を既に60cm以上上回っているのは異常気象と言う他はありません。この冬は各地で記録的な寒さとなっていますが、これは日本上空のジェット気流が大きく南に蛇行し、寒気が日本列島の上空まで張り出しているためです。

今日は本州の上を低気圧が通過するので、西日本では南からの風が入って気温が上昇する見込みです。3月直前と言うのに、これまで2月上旬の寒さが続いていましたが、寒さも一服と言ったところですが、果たしてこのまま暖かい日が続いてくれるかは判りませんが、温かい日和が待ち遠しい今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと高目の昼ごはん

モンベルのショルダーバッグを長年愛用していますが、普段使っていなかったファスナーを開けたところ中から諭吉さんが顔を覗かせてビックリ。いくら考えても何時入れたのかが思い出せませんが、一緒に入っていたチラシから京都時代に何かの時にとヘソクリしたものだと思われます。思いがけない現金が手に入った?ので、家族で外食することになりました。

P2242213

浜松駅前にあるアクトタワーは地上45階のビルですが、30階前後には飲食店が入っています。これは31階から遠州灘を臨んだところですが、ちょっと高い食事処です。

P2242202

二日続いての外食となりましたが、迷わず和食を選びました。選んだのは月替わりランチです。

P2242204

金目鯛のけんちん焼です。ちょっと薄めの味付けでした。

P2242206

春野菜と魚介の酢味噌和え。白身魚は白魚です。

P2242211

デザートの苺と生麩です。生麩の食感が絶品です。

値段も少し高めでしたが地上を見下ろす席での食事は格別でした。もっと景色を楽しもうと食事の後に45階の有料展望台に行こうと思いましたが、現在は土日の一般利用は行っていないとのことで、残念ながら景色を満腹することはできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹後半島に米軍Xバンドレーダー設置

米軍は北朝鮮からのミサイル攻撃の探知用として青森県の自衛隊車力分屯基地にXバンドのAN/TPY-2レーダーを設置していますが、京都の丹後半島の経ケ岬分屯基地に2基目を設置することを明らかにしました。レーダーの性能は軍事機密で明らかにされていませんが、一説には探知距離は1000Kmと言われていますので北朝鮮全域がカバーできることになります。弾道ミサイル防衛ではSM-3を搭載イージス艦のレーダーで探知した目標を迎撃することになっていますが、情報をリンクすることによって、このレーダーが捉えた目標に対して遠く離れた後方の位置から迎撃をすることも可能になります。

北朝鮮が4回目の核実験や弾道ミサイル発射実験を行う構えを見せていますので、北朝鮮に対する抑止効果を狙った動きではないかと思われますが、実際に攻撃が行われれば、迎撃するしかありませんので、この計画の実施については大きな意義があると考えます。今後は多数のミサイルに対処できる様に地上発射型のSM-3改良型やTHAADミサイルの導入が望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ贅沢

昨日のお昼はちょっと事情があって家族で外食でした。初めて入ったお店でしたが、海鮮が売り物のメニューです。数量限定となっていますが、ランチとあってか丼物が超買い得な値段となっていました。でも・・・・。

P2232196

揚げ物好きな私のチョイスはこれ。天ぷらと刺身のセット、1000円也。茶碗蒸し付です。

P2232197

天ぷらはエビが一匹で後は全て野菜でした。

P2232198

刺身はこちら。鮮度は抜群で食感が楽しめました。私の注文品が一番品数が多かったのに、一番最初に出てきました。味もさることながら、料理が素早く出てくることもおいしさのポイントではないかと思った次第です。ともあれ、十分満足したお昼となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酸ヶ湯が積雪の新記録

この冬は記録的な寒さが続いていますが、青森県の酸ヶ湯が積雪の新記録を更新しました。従来記録は5m5cmでしたが、今回5m15cmと10cm記録を更新しました。何であれ、新記録は喜ばしいことですが、積雪の場合は除雪に多大な費用がかかります。今回の大雪でどこの自治体も除雪の予算を使い果たし、今後の除雪費用の捻出に頭を悩ませているようです。

雪については功罪多々あると思いますが、特に先週末からの降雪はこれまでにない降り方で、北海道では列車が乗客を乗せたまま一晩立ち往生するなどの影響もでています。自然の猛威に関しては、ただ受け入れることしかできませんが、何事も過ぎたるは及ばざる如しで、ほどほどに降ってくれればと願うばかりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アルトエコが33km/ℓ を達成

低燃費競争が白熱しています。ダイハツが低燃費を売り物にしたテレビCMで攻勢をかけていましたが、今度はスズキが同社の軽乗用車アルトエコが、改良によってガソリン1ℓ当たり33Kmを達成したと発表しました。これまではダイハツのミライースがの30Km/ℓが最高でしたからこれを10%上回ったことになります。スズキは減速時にエネルギーを発電によって回収する回生機構と時速13km以下でエンジンを停止する方式でHV方式によらず低燃費を達成しました。両車は低燃費達成に特化した車ですから、走行性能や乗り心地についてはまた別の評価があるのではとも思います。

それにしても以前の軽自動車はカタログ燃費が20Km前半、実走燃費は10Kmが相場でしたから技術の進歩はスゴイの一語です。かつて乗っていた本田のトゥデイは高速走行で22~23Km/ℓ走ってくれて感激したものですが、現在の低燃費車の実力はどんなものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C-X民間型構想が公表

防衛省が開発を進めているP-X(次期哨戒機)、C-X(次期輸送機)については以前から民間転用が噂されていましたが、川崎重工が民間転用についての得失についてまとめた資料が防衛省から公表されました。それによれば、P-Xの旅客機転用については経済性が問題になり、そのままでは転用が難しいものの、C-Xについては機体構造をそのまま生かした形で民間転用が期待できるとされています。

現在三菱航空機製造でMRJが開発中ですし、B787では多くの日本製部品が使われていて、日本の航空機製造技術の高さが認識されていますが、やはり新たに国産の機体が誕生するのはうれしいものです。外国政府からの問い合わせもあるとのことですから、何とか民間型の販売に繋げて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のブログにログインできない!

当ブログはniftyが運用するWEBサイト、ココログによって発信しています。ココログでは2月よりログインページをリニューアルするとアナウンスされていましたが、昨日ログインページが刷新されていました。とりあえずNEXUS7でログインしたところスムーズにログインできたのですが、今朝になってPCでログインしようとしたら何をやってもエラーになってしまい、管理画面にログインできませんでした。仕方がないのでNEXUS7から今朝の記事をアップしたのですが、正直訳が判りませんでした。

PCでは良く思わぬ出来事が起きますので、これもその類かと思っていましたら、同様の「被害」にあった方が大勢いたようで、ログイン画面が旧画面に戻され、その旨がアナウンスされていました。とりあえず、これで当面は凌げそうですがこの先どんなことになりますでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はまだ?

今日も寒い朝となりました。それでも日の出時刻は着実に早くなって、6時20分台と最も朝が遅かった頃から30分も早くなっています。
この寒気が抜けたら一気に春めいて欲しいものですが、三寒四温の兆しはまだ見えません。何時になったら春を実感できるのか、本当に待ちどおしい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wi-Fiハンティング

タブレット端末、NEXUS7を購入して1ヶ月あまりが経ちましたが、結構はまっています。家の中で自由に持ち運べるので、ブログやHPの定期チェックなどはテレビを見ながらソファに座って見たりしています。こうなると外出先でもネットにつながらないかと、出先で電波チェックをしています。本体には現在受信しているWi-Fi電波の素性を表示する機能があるので、これを使って電波の状態を確認しました。

こうして調べてみるとあらゆる場所で結構電波が飛んでいました。これは私が利用したい公衆無線LANだけでなく、企業や個人の無線LANの電波が飛んでいるからです。これらの電波はセキュリティがかかっているため、どんなに強力な電波でもアクセスすることはできません。自分が利用できる電波は限られているのでそれを見つけるのには少し手間がかかります。ただ、その昔短波受信機を使ってアマチュア無線や外国の日本語放送を聞いた経験があるので、これはこれで面白さもあります。

最近はファストフード店やコンビニなどでもWi-Fiを提供する所が増えていますが、大半が何らかの認証手続きが求められますので、無条件で使うことはできません。店舗側も集客や囲い込みが目的ですから仕方がありません。このため、あるWi-Fi運用会社に加入して、実際に使えるか試してみました。やはり認証の作業が必要なところが多いようですが、数店で何とかアクセスに成功しました。現在のライフスタイルでは出先で四六時中インターネットを使うことはありませんが、必要な時に利用できるのはありがたいので、当面利用できる場所の把握を続けるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ど根性月見草

何年か前に、アスファルトの割れ目などで植物がたくましく育っている様子がマスコミで面白おかしく伝えられましたが、その場合、その植物は「ど根性○○」と呼ばれました。昨日、早春の話題にとタンポポを撮影して帰ると、なんと隣家の玄関脇に月見草が咲いているではありませんか。

P2172189


昨日は全国的に大変寒い一日でした。何もこんな寒い日に咲かなくてもと思いますが、花には花の都合があるのでしょうね。たおやかなイメージの月見草ですが、どうしてすごい根性を持っていました。

P2172186


寒さに耐えるように背の低いまま咲いたタンポポです。本当はこちらが主役になる予定でしたが、今回は月見草に譲ることになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹島の日に政府代表が出席へ

韓国が不法に占拠している竹島について、島根県が2月22日を「竹島の日」として制定し毎年式典を行っています。島根県は毎回政府に式典への出席を要請して来ましたが、政治的な判断を理由にこれまで実現していません。我が国には相手国への配慮と言う考え方がありますが、それによって事態が好転したことはなく、退任を前にした李大統領も竹島への強行訪問や天皇への謝罪要求について、再び見苦しい自己保身の発言を繰り返しています。

竹島は我が国の固有の領土であり、韓国が戦後の混乱に乗じて武力によって占拠したもので、国際司法裁判所への提訴に応じないなど、韓国側に正当性はありません。我が国国内で、自国領土について返還を求める行動を起こすことに、外国かられこれ非難を受ける筋合いは全くありません。島根県、国は当然の要求として竹島の返還を広く世界に向けて発信するべきで、「竹島の日」は絶好の機会ですから盛大に執り行うべきと考えます。その意味で今回、政務官とは言え政府代表が出席することは一歩前進と評価したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隕石落下事故その2

ロシアの隕石落下事故の続報から詳細が明らかになって来ました。NASAは隕石の直径が17m、重さ1万トンだったと上方修正しました。また、地上の被害は負傷者が1200人、壊れた建物が3000棟、被害の範囲は半径100Kmに及び、爆発の威力は広島型原爆の30倍と推定されると言うことです。映像からは窓ガラスだけでなく、それなりの強度があったであろう工場の壁が壊れた様も映っており、衝撃波のすさまじさを物語っていました。これで死者が出なかったのは奇跡的にと言うしかありません。ただ住宅の損壊によって今後、寒さによる健康被害が出ることも考えられますので油断は出来ません。

そもそも直径17mもの隕石が爆発するまでに高温になるのは相当なスピードで大気に突入したからですが、もしそのままの大きさで地表に達していれば甚大な被害をもたらしていました。隕石は元は小惑星帯にあったものと考えられますが、この大きさの小惑星は事前に観測することが困難で、現在のところ成す術はありません。とは言ってもこのような事態はそれこそ天文学的な確立でしか起こり得ませんから、あまり深刻に考えすぎても仕方ないことかも知れませんが、天変地異や杞憂など、古代中国人の発想が絵空事でなかったのには本当に感心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天変地異

ロシアの隕石落下事故、本当にビックリです。最初は今日接近する予定の直径45mの小惑星の落下かと思いましたが、それとはどうも関係はないようです。ただ、隕石による人的被害は大変珍しく、しかも1000人を越える怪我人が出るなど前代未聞です。大気圏での高熱化による爆発によって生じた衝撃波は想像以上の破壊力をもたらしたようです。
ロシアでは、かつてシベリアでも隕石による大爆発がありましたが、国土が広いので地上への落下の確率が高くなってしまうのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛べフェニックス

かつての米国映画に、砂漠に不時着した双発機から無事な部品をつなぎ合わせて単発機を作り上げ、無事に脱出する「飛べ!フェニックス」と言う作品がありましたが、現代の日本でもフェニックスが甦りました。

航空自衛隊の松島基地は先の震災で津波の被害を受け、多くの機体が水没しました。現在の航空機は電子機器を搭載していますので、修復は困難を伴います。複座型F-2戦闘機は13機が修理中ですが、新規に製造するよりも費用がかかってしまいます。しかし、既に生産は終了してしまっていますので困難でも修理するしかありません。
そのような中、先月24日に趣里を終えたT-4練習機が無事試験飛行を終え、復活を果たしました。正に甦ったフェニックスです。T-4の被害はF-2よりも軽かったようで、F-2の方はもう少し時間がかかりそうですが、T-4の復活は修理の見通しについて希望が持てるニュースとなりました。フェニックスが続けて羽ばたくことを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吊り橋の安全性

登山の折には対岸に渡るために吊り橋を渡ることが良くありますが、古びている場合などは心配しながら渡ることが間々あります。ところがそんな心配が現実のものとなってしまいました。浜松市北部の天竜区で、国道を横切ってかけられた吊り橋に駅伝の練習に来た高校生7人が乗っていたところ、基部の金具が破損して橋が傾き、数人がケガをしたと言うものです。

山間部では増水時に流されない吊り橋が今でも良く利用されていますが、大半が少人数が利用することを前提に作られています。このような橋には利用人数○人と表示されていることが良くあります。事故を伝える報道写真を見るとそんなに大きな橋ではないようなので、一度に渡れるのは数人の想定ではなかったかと思います。また、静かに歩いて渡るのが原則ですが、事故当時はどのような状態だったのでしょうか。最近の目視点検では異常なしとされていたようですから、小人数で静かに渡っていれば何事もなかったのかも知れません。

湖などで氷が割れて水中に転落する事故がありますが、強度や安全が良くわからない場合は慎重な行動が求められます。今回も橋の構造、状態を見ればどのような強度かがある程度想像できたのではないかと思われますが、高校生は他県からの訪問でしたので、現場の状況に疎かったのかも知れません。管理者が維持管理に配慮するのは当然ですが、利用する側にもそれなりの心構えが求められるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮が地下核実験を実施

北朝鮮が3回目の核実験を強行しました。偵察衛星などの情報から、北朝鮮が核実験の準備を進めていると見られ、各国が実験のを行わないよう働きかけていましたが、全く耳をかさずに強行されてしまいました。今回の実験はミサイルに搭載可能までに小型化されているかが焦点ですが、直接確認する方法がありませんので真相は闇の中です。

北朝鮮は経済が破綻し、国民生活は窮乏の一途をたどり、国家統率のための軍事力も装備の更新がままならないため通常兵器では他国に軍事的対応ができなくなっています。このため、政権を維持するためには核とミサイルにしがみつかざるを得ないのが実情で、北京からの中止要請も聞き入れられませんでした。

この事態を受けて、国連は新たな決議を行うことでしょうが、いくら決議を突き詰めても国家の存亡がかかっている相手にどれほどの効果があるかは疑問です。米国は自国が核の脅威にさらされる可能性が高まったとして、武力行使も視野に入れていると考えられますが、安倍首相も国会答弁で自衛のための敵地攻撃について検討が必要としています。
実際には軍事オペレーションはリスクが大き過ぎるため、よほどの事態の切迫がない限り行われることはないと思いますが、この問題の終結には北朝鮮政権の安楽死しかないものと思われますので、あらたな制裁の発動が必要と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PM2.5の恐怖

中国の大気汚染が深刻です。経済の発展に伴って化石燃料の消費が増えたことが原因のようですが、これまで経済性を優先させ、環境面への配慮を怠ってきたつけが一挙に吹き出した格好です。現地の映像を見るとかつての日本のスモッグをはるかに上回る状況のようです。当時、我が国では多くの喘息患者を生むこととなってしまいましたが、中国では今のところそうした報道はあまり見られません。当局の報道規制のせいかは判りませんが、米国や日本の大使館が注意を呼びかけるくらいですから、何らかの影響が出ていても不思議はありません。

日本政府や東京都は過去の経験から、環境関連の技術などについて協力を表明していますが中国政府は自らの統治能力を問われることを恐れてか、今のところ公式に反応を見せていません。環境汚染物質PM2.5は季節風に乗って我が国にまで飛来し、大気を汚染しています。中国政府は一刻も早く規制を強化して国民の健康を保護するとともに、我が国に対して謝罪を表明すべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも春の使者が

この冬は例年になく寒い日が続いていて、このブログでも何度も取り上げていますが、やっと春の兆しを見つけました。

P2102176

浜松城公園の日本庭園で見つけた梅一輪。我が家の庭も例年この頃に花開くのですが、一昨年、昨年と2年続きの台風直撃で枯れ死寸前となってしまい、今年は蕾が見つかりませんでした。

P2102179

冬枯れの景色の中で、紅梅の花がもうすぐ春だよと一生懸命呼びかけているようでした。

P2102177

その梅の木の根元には福寿草が花開いていました。こちらも春を告げる代表的な花ですね。

P2102180

家に帰って念のために庭を覗いて見ると、ありました。こちらも春の到来を告げるフキノトウが地面に顔をのぞかせていました。厳しい寒さの中で、植物たちは懸命に春の時を刻んでくれているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松城天守門復元工事 その7

3週間ぶりに浜松城に行ってきました。これまであまり工事の進展はありませんでしたが、今朝行ってみると石垣に足場が組まれており、やっと工事が本格化したようです。

P2102161

足場の位置に天守門が建ちますので完成時にはこの位置からは天守の下部は見えなくなることが判ります。

P2102162

本丸西側の石段から。こうして見ると登り切って直ぐに左折しなければならず、城攻め側が天守門に突入しようとすれば、かなりの犠牲を覚悟しなければならないことがうかがえます。

P2102165

天守から見た現場の全景です。左右の足場に櫓の基部が築かれますが、赤いコーンが置かれた所に鉄筋コンクリート基礎が打たれていました。これなら地震対策も万全です。

P2102166

基礎部分はこんな風になっています。左右に築かれる2か所の基礎で全体の荷重を支える構造となっているのでしょうか?

P2102167_2

各地に石垣だけの城址が残されていますが、こうして見るとまだ足場だけに過ぎないにもかかわらず、石垣上の構造物があるのとないのでは随分城郭の印象が違って見えます。

P2102172

工事現場を仕切るフェンスに完成時のイラストが掲げられていました。手前の本丸の空間がちょっと超現実的なアングルですが、本丸方面から見た図です。こうして見ると建設時期と符合して、軍事目的と言うよりも統治のための権力誇示の施設と言う印象を受けます。

P2102174

左右の石垣は埋門(うずみもん)跡です。天守門東側は石段となっているため、工事はこの通路から機材や資材を搬入して行われています。いつの日か本来の姿の天守が再建された後、この門もかつての姿に復元して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC遠隔操作事件、容疑者を特定

他人のパソコンをウィルスを使って乗っ取り、そのパソコンから脅迫メールを発信させて相手を脅迫し、持ち主のIPアドレスから持ち主を逮捕させるように仕向けていた事件の容疑者がついに特定された模様です。
もっとも、容疑者のパソコンを特定したのではなく、江の島で行った猫に記録媒体を取り付ける行動の監視カメラ映像からの絞り込みのようです。

つまり、犯罪はパソコンやネットの知識や技術を駆使して行われましたが、捜査側はそれに対応できておらず、従来型の聞き込みや監視カメラの映像を地道に調べ上げるといった新旧の知恵比べと言った図式の犯罪でした。市民の側から見れば犯人のスキルが警察のそれよりはるかに上回っており、あざ笑うかのような犯行声明の送り付けを何度も許していましたので、事件の解決は難しいのではと思っていましたが、意外とあっさりと身元が割れたのは意外でした。
ただ、今後類似の犯罪が行われることも予想されますから、このような不届きの犯罪を許さないように、本当のメールの発信者を特定する技術、仕組みを作り上げることが急務ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ寒い

立春が過ぎて暦の上では春になりましたが、現実世界では寒い一日となりました。例年この時期が一番寒さの厳しい頃ですが、今年も違わず寒さの峠を迎えています。今朝のワンコの散歩では思わず「春は名のみの~♪」と早春賦を口ずさんでしまいました。思えば昨年もそんなことを記事にしていたような気がします。

日の出の時刻も6時40分となり、30分台突入間近となりました。春が実感できる暖かな日和が待たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国海軍のレーダー照射問題

中国海軍のフリゲート艦による射撃管制レーダー照射問題は、中国外務省が事実関係を全面否定すると言う思わぬ展開になっています。なかったことにしたい気持ちも判らぬことはありませんが、射撃管制用レーダーと捜索用レーダーでは異なる電波形態で、まともな軍隊なら間違えようがありません。
中国外務省はこの問題は日本のねつ造だとあからさまな嘘を巻き散らしていますが、今回ばかりは無理があり過ぎます。大国として大人の対応を望みたいものですが、どうやら彼の国はまだまだボクちゃんでしかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家に光が

我が家に光が入りました。思わせぶりな書き方ですが、実はネットの環境をADSLから光回線に変更しました。年末にパソコンを購入した時に、光回線に切り替えると価格が割引になるので、踏み切ったのですが工事が込み合っていて一月遅れの工事となったものです。無線ルーターも交換となったため、パソコンの設定もやり直しとなりましたが、何とか無事に設定できました。
当然電話も「光」化されたのですが、今のところ正直違いがよく判りません。果たして光が射すことになるのか、どうか効果が実感できるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習近平氏は相手にする価値なし

中国海軍のフリゲート艦が、尖閣海域を警護している海自の護衛艦に3Kmと異常接近した上に、射撃管制レーダーを照射する暴挙に出ました。これは国際慣習法上、相手を攻撃する意図有りと解釈されて仕方ない行為であり、照射された側が先制攻撃をすることを認められる危険な火遊びです。もちろん、このような行為が現場の裁量で行われた筈がありません。(もし、そうでなければ責任者が厳罰に処されている筈)

中国政府は先に公明党の山口氏が訪中したした折に、習近平氏が日中首脳会談を希望していると表明したと伝えられていますが、言っていることと行動とが全く一致していません。このような習氏の指導者としての資質には疑問符を付けざるを得ません。仮にも一国の指導者とされる人物の言動が、全く信用に値しないことなど国際基準では考えられませんが、我が国に対し、敢えてそのような行動を取るような人物を相手にする必要性を感じることができません。

我が国の自制的な態度に乗じて今後も同様の暴挙が成されるのであれば、比例の原則に応じて相手側にも同様の行為を返すべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武器輸出三原則見直しか

航空自衛隊が導入を決めているF‐35戦闘機をめぐって政府が新たな方針を打ち出す模様です。F‐35は米国を中心に複数の国々が参加した国際共同国際開発機ですが、我が国でのFACO(機体の最終組み立てと機体検査)が認められる見通しです。F‐35は各国に輸出されることになっているため、我が国で組み立てられた機体が第三国に輸出された場合、武器輸出三原則に抵触するのではないかと言った論議湧き起っています。

我が国はこれまで武器の輸出に関して厳格にこれを自粛してきましたが、世界的に見れば各国は競って兵器輸出に力を入れており、我が国が輸出を手控えても紛争防止には何ら寄与していないのが実情です。また、輸出しないことで国産兵器はの生産数が限定されることで、価格が高めになってしまう結果を招いています。また友好国から輸出の打診を受けても断念していました。

今回、政府は特例的に輸出を認める方針のようですが、この際全面的な見直しが行われても良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松市が餃子日本一でV2

餃子の消費量については総務省が県庁所在地および政令指定都市を対象に、1世帯当たりの小売店での購入金額の統計を取っていますが、2011年に続き2012年も宇都宮市を抑えて浜松市が日本一の座を射止めました。

浜松市は宇都宮市と同様、戦後に中国大陸からの引揚者によって餃子が広められたとされていますが、それ以前から餃子が食されていたと言う情報もあり、餃子が好きな土地柄であることは間違いありません。浜松市は県庁所在地ではないため、政令指定都市になるまで、ランキングに参加できませんでしたが、隠れた餃子消費地を自認していました。総務省のルールでは小売店からの購入金額で、飲食店で食事した分や家庭で手作りした分は対象になっていませんので、総合的に集計すれば又違った結果になるかも知れません。

何にしても我が国で好まれるのは、本場中国ではあまり好まれない焼き餃子で、ある意味カレーと並んで国民食と言えるのではないでしょうか。消費金額でランキング付けされてはいますが、宇都宮、浜松両市とも餃子が好きと言う自負では優劣が付けられないと思われます。
2013年は浜松市がV3を果たすのか、それとも宇都宮市が首位を奪還するのか、熱い戦いが今年も繰り広げられることになるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツの指導者について

大阪桜宮高校の体罰問題が物議を醸していたら、今度は柔道界で女子代表監督のパワハラ騒動と栄光の陰に隠された闇の部分が表面化しています。その分野における歴史や伝統の問題があるのでしょうが、一番の問題は多くのスポーツで指導者の育成が組織立って行われていないと言うことに尽きるのではないでしょうか。現状は選手として大成した人が指導者としての教育訓練を受けないまま指導者になっているケースが多いのではないでしょうか。

名選手、必ずしも名監督ならず。とはよく聞く言葉ですが、このことを的確に表しているように思われます。かつて相撲界でも過度の暴力によって死亡事件が起きてしまいましたが、未だに指導者育成が確立していません。私の知る限りサッカー界では指導者の資格制度があり、どんなスター選手であっても協会のプログラムに沿った教育を受け、一定の経験を積まないとJリーグのコーチや監督に付けない制度となっているはずです。

柔道界は特に上下関係が強く、精神論がまかり通っているように感じられますが、今回の問題を個人の問題とせずにスポーツ界全体の問題として改善の契機としてもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

0.8%アップで防衛力強化?

安倍首相は就任前、民主党の政策を批判して防衛予算を増額し、尖閣問題への対処など防衛力の強化を主張していました。ところが先ほど閣議決定された来年度予算では400億円の増額にとどまりました。元々税収が低迷し、財源確保が難しいと思って今したから特段驚きはしませんが、400億円は防衛予算の0.8%に過ぎません。
まあ、これまで10年連続して前年割れを繰り返してきたことから見れば、一定の成果と言えなくはないのですが、大言壮語と言われても仕方のない数字ではあります。

一方その半面で公共事業予算は前年比7119億円、15.6%の大盤振る舞いです。耐震補強など必要な工事もあるのでしょうが、かつてのとにかく作ることが目的となってしまった金食い虫の構造の再現が気がかりです。防衛予算における人件費の割合は40%以上と大半を占めていますから増額は雇用創出にもつながります。また、正面装備はほとんどが国内生産品ですから、こちらも需要創出につながります。はたして来年度予算によって来年度末にはどんな結果となるのか注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から2月

月が改まって今日から2月です。相変わらず寒い日々が続いていますが、向こう2週間が寒さの峠ではないでしょうか。当地の日の出時刻は6時58分が最も遅い時間でしたが、最近やっと40分台に入ってきました。とは言え、6時ではまだ真っ暗です。ワンコの散歩もヘッドランプを着用するといった、かなり怪しげな格好を強いられています。春の歩みがもう少しスピードアップして欲しいと思う今日この頃です。

P1202097

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »