« 今日から2月 | トップページ | スポーツの指導者について »

2013年2月 2日 (土)

0.8%アップで防衛力強化?

安倍首相は就任前、民主党の政策を批判して防衛予算を増額し、尖閣問題への対処など防衛力の強化を主張していました。ところが先ほど閣議決定された来年度予算では400億円の増額にとどまりました。元々税収が低迷し、財源確保が難しいと思って今したから特段驚きはしませんが、400億円は防衛予算の0.8%に過ぎません。
まあ、これまで10年連続して前年割れを繰り返してきたことから見れば、一定の成果と言えなくはないのですが、大言壮語と言われても仕方のない数字ではあります。

一方その半面で公共事業予算は前年比7119億円、15.6%の大盤振る舞いです。耐震補強など必要な工事もあるのでしょうが、かつてのとにかく作ることが目的となってしまった金食い虫の構造の再現が気がかりです。防衛予算における人件費の割合は40%以上と大半を占めていますから増額は雇用創出にもつながります。また、正面装備はほとんどが国内生産品ですから、こちらも需要創出につながります。はたして来年度予算によって来年度末にはどんな結果となるのか注目したいと思います。

|

« 今日から2月 | トップページ | スポーツの指導者について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/56677968

この記事へのトラックバック一覧です: 0.8%アップで防衛力強化?:

« 今日から2月 | トップページ | スポーツの指導者について »