« 天変地異 | トップページ | 竹島の日に政府代表が出席へ »

2013年2月17日 (日)

隕石落下事故その2

ロシアの隕石落下事故の続報から詳細が明らかになって来ました。NASAは隕石の直径が17m、重さ1万トンだったと上方修正しました。また、地上の被害は負傷者が1200人、壊れた建物が3000棟、被害の範囲は半径100Kmに及び、爆発の威力は広島型原爆の30倍と推定されると言うことです。映像からは窓ガラスだけでなく、それなりの強度があったであろう工場の壁が壊れた様も映っており、衝撃波のすさまじさを物語っていました。これで死者が出なかったのは奇跡的にと言うしかありません。ただ住宅の損壊によって今後、寒さによる健康被害が出ることも考えられますので油断は出来ません。

そもそも直径17mもの隕石が爆発するまでに高温になるのは相当なスピードで大気に突入したからですが、もしそのままの大きさで地表に達していれば甚大な被害をもたらしていました。隕石は元は小惑星帯にあったものと考えられますが、この大きさの小惑星は事前に観測することが困難で、現在のところ成す術はありません。とは言ってもこのような事態はそれこそ天文学的な確立でしか起こり得ませんから、あまり深刻に考えすぎても仕方ないことかも知れませんが、天変地異や杞憂など、古代中国人の発想が絵空事でなかったのには本当に感心します。

|

« 天変地異 | トップページ | 竹島の日に政府代表が出席へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/56781836

この記事へのトラックバック一覧です: 隕石落下事故その2:

« 天変地異 | トップページ | 竹島の日に政府代表が出席へ »