« 新緑の山 | トップページ | 米国で巨大竜巻 »

2013年5月21日 (火)

乙武論争

作家の乙武洋匡氏が、予約したレストランに車いすで入店できなかったとして、店側を非難するコメントをツイッターで発表し、店側が謝罪する事態となっています。ここまでを単純に読めば、障害者差別かとも思えるのですが、どうもそうではないようです。この店の入居する建物にはエレベーターがありますが、店のある階には止まりません。問題はそのことが事前に周知されていたかですが、そのことについて記事は触れていません。

乙武氏は階段を抱きかかえて移動させて欲しいと依頼して、店側は多忙と人出不足を理由に断ったとされています。(スタッフはオーナーと新人の2名のみ)乙武氏としては障害者は介助されるのが当然との思いがあったのかも知れませんが、いきなり介助を要請されても困惑するのも理解できます。似たようなケースに鉄道の利用がありますが、駅員の少ない駅では事前申し込み制を取っているようです。

最近は高齢化が進んだこともあって、社会全体のバリアフリー化が進んでいますが個々の事情もあって、全ての施設でそうなっている訳ではありません。障害者が自由に外出できる社会の実現が理想ですが、現状はそこまで進んでいないのが実情です。その辺のところは当の本人が一番実感しているのではないかと思いますが、何故事前確認をしなかったのか不異議でなりません。「銀座での屈辱」などと息巻かずに、相手の事情も思いやって双方が無理なく共生できる知恵を持ちたいものです。

|

« 新緑の山 | トップページ | 米国で巨大竜巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙武論争:

« 新緑の山 | トップページ | 米国で巨大竜巻 »