« 師走ですが | トップページ | 寒くなりました »

2013年12月 5日 (木)

ハワイ沖で旧日本軍の巨大潜水艦発見

ハワイ大学はオアフ島の沖合700mの海底で旧日本軍の大型潜水艦イ400を発見したことを公表しました。イ400は「伊400」型潜水艦の一番艦で「伊400」は航空機による攻撃を行うため、水上機「晴嵐」を3機を搭載した超大型潜水艦で、航空機を搭載した潜水艦は後にも先にもこの「伊400」型だけです。「伊400」は全部で3隻が完成しましたが、戦局が変化し実戦で戦果を挙げることは出来ず終戦を迎えました。「伊400」は全長122m、水中排水量6560トンと現在の海自の最新型潜水艦である「そうりゅう」型の全長88m、水中排水量4200トンを上回る巨大ぶりです

これだけ巨大になると操縦性に難点がありそうですが、航続距離は地球を1周半、100mまでの潜水時間が約1分と軽快な操縦性能を持っていました。その後米軍に接収され、ハワイに回航されて徹底的に調査された結果、高度な技術がソ連に渡ることを恐れて全て海没処分されてしまいました。

2005年にイ401が発見されており、今回のイ400は2隻目の発見となります。発見場所が700mの海底であり、おそらく回収されることはないだると思います。科学技術が発達した今日でも潜水艦を建造できる国はごく少数ですが、70年も前に今日でもまれな巨大潜水艦を建造出来た日本の造船技術の高さを改めて認識する次第です。

|

« 師走ですが | トップページ | 寒くなりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ沖で旧日本軍の巨大潜水艦発見:

« 師走ですが | トップページ | 寒くなりました »