« どうなるウクライナ情勢 | トップページ | 柏の通り魔事件容疑者を逮捕 »

2014年3月 5日 (水)

ウクライナ情勢緊迫続く

クリミア半島の緊張は相変わらず続いたままですが、どうやらロシア軍が一気に攻撃に出るようなことはなさそうです。人口で多数を占めるロシア系住民を利用してロシアへの編入決議をさせて、時間をかけて併合へ向かうのではないかと思います。おそらくウクライナ独立以来このような事態を想定して様々なシミュレーションをして来たのではないかと思いますので、国際世論の反応を見極めているのではないでしょうか。
ロシアとの関係改善を図りたい日本ですが流石にロシア寄りの立場は取れません。

|

« どうなるウクライナ情勢 | トップページ | 柏の通り魔事件容疑者を逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/59239686

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナ情勢緊迫続く:

« どうなるウクライナ情勢 | トップページ | 柏の通り魔事件容疑者を逮捕 »