« 東北の桜たち 角館編 | トップページ | イタチがいた »

2014年5月 9日 (金)

中国船がベトナム船に衝突

中国は南シナ海、西沙諸島近くの海上で一方的に石油の採掘を開始しましたが、これを牽制しようとしたベトナムの巡視船に海洋監視船が故意に衝突し、ベトナム側にけが人が出た模様です。

南シナ海は多くの国に面しており、それぞれの国が自国の領海や排他的経済水域を主張しています。ところが中国は、強力な軍事力を背景に、南シナ海で自国の庭のように振る舞っており、今回の事件は起こるべくして起こったと言えるでしょう。中国は国際法を無視して、自国に都合の良い主張をを繰り返していますが、全く正当性はありません。

このような中国の力による強圧的な動きに対し、既にベトナムはロシアから潜水艦の導入を決めていますし、かつて国内のアメリカ軍の撤退を求めたフィリッピンは再び米軍を駐留させることになりました。今後米軍の存在が増して来れば、大きな衝突は起きないのではないかと思いますが、銃撃を伴わない今回のような小競り合いは繰り返されるのではと思われ、国際的な監視が必要だと思います。

|

« 東北の桜たち 角館編 | トップページ | イタチがいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/59610423

この記事へのトラックバック一覧です: 中国船がベトナム船に衝突:

« 東北の桜たち 角館編 | トップページ | イタチがいた »