« マレーシア機、ロシア反論 | トップページ | 航空機事故の連鎖 »

2014年7月24日 (木)

食の安全の危機

またしても中国産の食肉を使った食品で偽装事件が発覚しました。今回は上海の食品メーカーで、日本の大手外食産業やコンビニチェーンと取引している企業でした。日本企業が取引するには、一定の衛生基準や安全体制が求められ、指導を向けていた中での行われた企業ぐるみの犯罪ですから、より悪質です。

冷凍餃子への農薬混入事件以来、中国産食材には日本の消費者の厳しい目が向けられるようになり、原産地表示を見て購入を見合わせるケースも多くあるのではないかと思われます。しかし、製品をそのまま販売する場合は原産地の表示があるので中国産と判りますが、今回のように外食産業の場合はハンバーガーやピザなどの商品には原産国の表示はされないので、消費者には選択の余地がありません。

中国産と言うことで、十把一からげに全てを悪だと決め付けるのは良くありませんが、これまでも中国国内で食偽装が横行している実態が報道される中で、大手企業向けの取引先でさえ、堂々と不正行為を行っていた実態を知ると、安心して口にする気になれません。

中国産の食材の輸入を規制することは困難かも知れませんが、事がここに至った以上、輸入する側が安全性を保証する体制が求められます。と、ここまで書いたら今度はベトナム産のししゃもにも殺鼠剤や汚物が混入していたことが判明したようです。食の安全は正に風前の灯のようです。食品の輸入企業はコストメリットによって海外製品を使っていますが、低価格の裏側にある安全性へのリスクについて厳しい管理が求められることを忘れないで欲しいものです。

|

« マレーシア機、ロシア反論 | トップページ | 航空機事故の連鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の安全の危機:

« マレーシア機、ロシア反論 | トップページ | 航空機事故の連鎖 »