« 集団的自衛権反対で焼身自殺 | トップページ | 過去へのトンネル »

2014年7月 1日 (火)

自動ブレーキ義務化もありか

大阪御堂筋で乗用車が追突事故を起こした挙句、自転車の女性を跳ねて重傷を負わせる事故がありました。異常な事故の状況にまたしても薬物使用者による事故かと思いましたが、加害者が重度の糖尿病患者であることから低血糖による意識障害の可能性が浮上しています。

風邪薬などの服用において眠気を催すので運転をしないようにとの注意書きがありますが、意識障害を起こすほどの糖尿病患者が運転することについて本人の自覚や医師の指示がどのようなものだったのか捜査の結果が待たれます。

それにしても暴走による死傷事故がこれだけ起こると、テレビCMで宣伝しているブレーキ自動停止システムの存在が気になります。以前は低速時しか作動せず、しかも減速のみで停止まではしない仕組みだったようですが、現在では概ね時速80Km以下で作動し、停止させることまで可能となっているようです。メーカーとしても先進的な安全システムとしてPRしている以上、技術的な問題は全てクリアされているのでしょう。

薬物使用による暴走は論外ですが、ブレーキの踏み間違いによる事故は日常的に発生しています。運転者の過度な依存を助長する懸念もありますが、最終的な責任は運転者にある訳ですし、どう見てもメリットの方が大きいように思われます。バスやトラックについては一部車種から今年の11月から自動ブレーキシステムの搭載が義務付けられていますが、乗用車についても搭載義務化が考えられてもいいのかも知れません。

|

« 集団的自衛権反対で焼身自殺 | トップページ | 過去へのトンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動ブレーキ義務化もありか:

« 集団的自衛権反対で焼身自殺 | トップページ | 過去へのトンネル »