« 家康における静岡と浜松 | トップページ | 硫黄島で求人 »

2014年7月15日 (火)

W杯、優勝はドイツ

ワールドカップ、ブラジル大会の決勝はアルゼンチン対ドイツでしたが、延長戦の末ドイツの優勝で幕を閉じました。今大会のアルゼンチンは強かったと思いますが、ドイツの堅守と組織的な攻撃がそれを上回ったと言うことでしょう。

我が国は全大会の教訓からか、本田圭介あたりが「チームワークだけでは勝てない。チーム力を越えた個の力が必要だ。」などと言っていましたが、フィジカルに優れ、個人技に上回るドイツチームがチームプレーに徹したら、敵なしになるのも当然の様な気がします。サムライジャパンはチームプレーに徹しきれず、かと言って個人プレーもさせてもらえなかったのですからグループリーグ敗退も仕方ありません。

言ってみれば井の中の蛙だったと言うことでしょうが、それだけ上位チームは強く、ドイツはさらに強かったのですね。4年後、日本チームがどう成長しているか、楽しみに待ちたいと思います。

|

« 家康における静岡と浜松 | トップページ | 硫黄島で求人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯、優勝はドイツ:

« 家康における静岡と浜松 | トップページ | 硫黄島で求人 »