« ノルディックウォーキング異聞 | トップページ | 日豪防衛協力強化の一環か »

2014年8月 4日 (月)

残念なキャンプ場の事故

神奈川県で、キャンプ場の中州にテントを張っていた家族4人が増水した川を渡ろうとして車が横転、激流に流されて母子3人が亡くなる痛ましい事故がありました。河原の中州はキャンプをするのに適した場所の一つですが、増水による危険があり、過去多くの事故が起きています。営業しているキャンプ場ではこのようなリスクを避けるため、中州をテントサイトにしていることは避けるのが一般的です。

事故の当初の報道からは、事故にあったキャンパーの無理な設営が原因かと思われましたが、運営会社が違法な造成を行っていた可能性が浮上しています。河川は官公庁によって管理が行われており、流れを変えたり地形を変更するなどの場合は事前に許可を受けなければなりません。ところが、キャンプ場の管理者はこれまで6回も無許可で中州に盛り土をするなどして、現状復帰の行政指導を受けていました。まさにイタチごっこの状態で、違法行為を繰り返していたことになります。

今回の事故は豪雨による増水によって起きたものですが、そもそも違法に中州を造成してキャンパーを招いていなければ起こらなかった事故と言えます。また、増水が予想される段階で避難誘導がなされなかったのか、管理者の責任が問われます。これからキャンプはハイシーズンを迎えますが、我が身を守るため、テントサイトの安全性について利用者の注意も必要です。安全に注意して楽しいキャンプを楽しみたいものです。

P8150015


|

« ノルディックウォーキング異聞 | トップページ | 日豪防衛協力強化の一環か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/60095526

この記事へのトラックバック一覧です: 残念なキャンプ場の事故:

« ノルディックウォーキング異聞 | トップページ | 日豪防衛協力強化の一環か »